コラム 『半沢直樹』感謝の恩返し企画・朗読劇で、南野陽子、尾上松也らが役の後日談を披露!伊集院光も絶賛の舞台の内容は?

こんにちは、テレビウォッチャーで、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。Suits womanでテレビをテーマにした連載コラムを書いています。

今回は、今夏ドラマで圧倒的な支持を得る日曜劇場『半沢直樹』(TBS系 毎週日曜午後9:00)が、ドラマを応援する人たちへの“感謝の恩返し”として、東京・新国立劇場 中劇場で9月12日に上演された初の朗読劇「感謝の恩返しスペシャル企画 朗読劇『半沢直樹』」をレポートします。

4人のキャストが繰り広げるアフター『半沢直樹』

今回の朗読劇は、現在放送中のドラマに先駆けて、今年2月から3月にTBSラジオで放送された『TBSラジオ オリジナルドラマ 「半沢直樹」 敗れし者の物語 by AudioMovie』で描かれた「聴くドラマ」の演出をヒントに生まれたスペシャル企画。ラジオとのコラボレーションで実現した“『半沢直樹』の世界観を声で届けるエンターテインメント”に、ドラマ出演者が生朗読するという“舞台演出”が重なった、オリジナルストーリーの特別企画となっています。

9月12日(土)と13日(日)、両日とも各2公演を行なうなか、初日の14時公演は南野陽子さんと土田英生さんによる「黒い二人の日記帳」(脚本:土田さん)からスタート。舞台には、スクリーンと、ふたつの椅子が置かれています。スクリーンには、主演の堺雅人さん演じる半沢直樹たちのドラマのシーンが映し出され、山根基世さんのあの濃厚なナレーションが朗読劇の世界へと観客を導いてくれます。

南野陽子さん(左)と土田英生さん(右)。

そこに、黒でまとめた衣装をまとう南野さんと土田さんが登場。ITベンチャー「スパイラル」に買収を仕掛けた、大手IT「電脳雑伎集団」の社長・平山一正役の土田さんと、副社長で社長夫人・美幸役の南野さん。ドラマでは買収が失敗に終わり、やがて別離となったふたりの“その後”が舞台では描かれています。

高慢で見栄っ張りなふたりの心情がどのように変化していくのか、正直な思いを書き綴っている黒いふたりの日記帳が鍵となって、物語が展開。ドラマ同様の掛け合いを見せて、テンポよく物語は進んでいきます。

かつては社長夫婦で贅沢をしていたものの、それぞれがすっかり地味な生活を送るように。偶然にも、お互いにお気に入りの“サンマ定食”が、ふたりを運命の再会へと呼び寄せるんです。

南野さんといえば、1980年台後半から90年代にアイドルとしても大活躍されていましたよね。アラフォー世代の筆者としては、つい心のなかでアイドル時代の愛称「ナンノ」と呼んでしまいそうになるくらい、いまもかわいくすてきな南野さんが、ドラマでは見せなかったメガネをかけていた土田さんとの朗読劇で見せた“愛の物語”を展開しました。

続いては、尾上松也さんと山崎銀之丞さんによる「繰り返される時…」(脚本:粟島瑞丸さん)。「スパイラル」社長の瀬名洋介役の尾上さんと、太洋証券の営業部長・広重多加夫役の山崎さん。広重が加担した「電脳雑伎集団」による「スパイラル」買収が失敗に終わり、太陽証券を追われ、職探しに行ったのは、世にも不思議な案内所。

山崎銀之丞さん(左)と 尾上松也さん(右) 。

そこにいたのは、尾上さんが瀬名役と一人二役を演じる、案内所の職員。“時を操る”その職員は、広重が戻りたい日付に時間を巻き戻し、再び買収計画をやり直そうとします。しかし、やはりどうしても半沢直樹によって計画は阻止され、奮闘する姿がなんとも面白いんです。

懲りない広重をユーモラスに演じる山崎さん、度々大きな声で怒りをぶつける瀬名を演じる尾上さんともに、ドラマの“その後の世界”を見事に披露してくれました。

1 2

Ranking

Information