コラム 泥棒になっても“ふんわりカワイイ”! 『ルパンの娘』で再認識する深田恭子の魅力

こんにちは、テレビウォッチャーで、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。Suits womanでテレビをテーマにした連載コラムを書いています。

今回は、『ルパンの娘』(フジテレビ系 毎週木曜 午後10時)をご紹介します。

20年以上“カワイイ”をキープし続ける純度120パーセントのフカキョン

泥棒のママ・三雲華(深田恭子)と警察のパパ・桜庭和馬(瀬戸康史)の愛は本物! (C) フジテレビ

現在放送中の深田恭子さん主演のフジテレビ系連続ドラマ『ルパンの娘』は、2019年7月期に放送された、ラブコメディーの続編です。原作は、2015年に発表されて、各書店の文庫売上1位を獲得しロングセラーとなっている横関大さんの同名小説(講談社文庫刊)。前作では、初回放送後から1週間で配信での見逃し視聴が124万回再生を記録するなど、フジテレビドラマの記録を更新した人気ドラマとあって、続編も話題沸騰中なんです。

代々泥棒一家である“Lの一族(Lは大泥棒・ルパンの頭文字なんですよ!)”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)との許されない恋愛を描いたストーリー。前作では、運命的な出会いから恋に落ちたものの、Lの一族が全国指名手配されたため、愛し合いながらも永遠の別れを決意した華と和馬でしたが、最終話で華の父・尊(渡部篤郎)の機転により「Lの一族は死んだ」ことになり、華と和馬が結ばれたその後が、続編では描かれています。

10月22日に放送された第2話では、妊娠10か月を迎える華という設定。それはつまり、深田さんがお腹を愛おしそうになでたり、お腹のなかのベビーに話しかけたりする妊婦姿や出産シーンもあるという、ファンの方にとっても、超レアなシーンが続々登場しました。「え! そんなところで破水しちゃうの!?」とか、「うわ〜こんな洞窟で産んじゃうなんて!」といった具合に、コメディーだとわかっていつつも思わずツッコまずにはいられない描写がありながらも、家族や仲間との強い結束のもと無事に出産できたことにホッと安堵。

それもこれも、やっぱり主演の深田さんの魅力があるからこそ、結局のところすべて違和感なく楽しめるんです。そんな深田さんのことを振り返ってみると、同局で22年前に放送されたドラマ『神様、もう少しだけ』(1998年放送)では、難しいヒロインの役を演じて見事にブレイク。当時15歳だった深田さんのフレッシュな演技は多くのファンを獲得しましたが、2020年で38歳ということが信じられないくらい、いまも良い意味で変わらないフレッシュさと清潔感、愛らしさを持っている、数少ない女優のひとりだといえるでしょう。

「アラフォーには見えない!」「いつまでもカワイイ!!」と、女性視聴者からも熱視線を浴び続ける深田さん。きっと、アラフィフになっても、アラカンになっても、このままの純度を保っていくのではと思わせる魅力を放っています。『ルパンの娘』では、体にピタッとフィットする“泥棒スーツ”を着用するのですが、これまでも映画『ヤッターマン』(2009年)でのドロンジョや、アニメ『うる星やつら』をモチーフにしたCM「東京ガス」(2019年)でのラムちゃん風の衣装でも披露してきた、コスプレ。深田さんの場合はいやらしくなく、やっぱり、とってもカワイイ! 20年以上継続されるカワイさを持つ女性は、そういはいませんよね。

Macintosh HD:Users:zaru:Desktop:suitswoman第22回「ルパンの娘 続編」:ルパンの娘 続編:06 左から)深田恭子、瀬戸康史.jpg
子どもは「三雲杏」と命名され、時は流れて小学校の授業参観に出席する華と和馬。  (C)フジテレビ
1 2