コラム イケメンが続々登場!『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』に見るアラフォー婚活事情

こんにちは、テレビウォッチャーで、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。Suits womanでテレビをテーマにした連載コラムを書いています。

今回は、ドラマパラビ『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』(テレビ東京ほか 毎週水曜深夜0:58)をご紹介します。

肉食出会い系アプリにハマる独身女性のとまどい

第2話で主人公の松本チアキ(山口紗弥加)と猫カフェデートする、通称・役者くん(本田響矢)。 Ⓒ「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」製作委員会

現在放送中の山口紗弥加さん主演のドラマパラビ『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』は、2019年に開催された「コミックエッセイ大賞」の入賞作品である同名漫画を原作とし、同コンテストの入賞作品を初ドラマ化。友人のおススメでマッチングアプリを始めた主人公の38歳バツイチ独身女性・松本チアキ役を山口さんが演じています。

同ドラマは、主演・原作・脚本・監督・企画プロデューサーもすべて女性が手がけ、いまではすっかりマッチングアプリでの出会いも世になじんでいるなかでの“現代型”といえるラブコメディドラマ。冒頭から、小気味好いテンポで、軽やかにストーリーが進んでいくんです。ドラマながら、突然視聴者へ語りかける切り替えがあるなど、舞台のような感じも。

狂気をはらむヤベえ役からすてきなお姉さん役まで、なんでも演じられる演技派としても名高い山口さんご自身は、「マッチングアプリって何ですか!?」とドラマのオフィシャルサイトにコメントを寄せるぐらい、出会い系とも婚活とも遠い存在。ですが、劇中では見事な“バツイチ独身女っぷり”を見せています。マッチングアプリとの出会いによって、まるで遅咲きの青春を謳歌するような、山口さん演じるチアキ。とまどいながらも、どんどんアプリにハマっていきます。

劇中では、恋活や婚活をしている方にとっては、まるで“婚活あるある”と思える描写も多々出てきます。たとえば、「プロフィールに掲載されている写真と実際に会ってみた本人が全然違う」問題だったり、「今度の男性こそはいいかもしれない」と期待しても何度も懲りずに肩透かしをくらう事実だったり。

私自身、独身時代にあらゆる婚活手段を用いて1,000人の男性と出会い、40歳になる前日のギリ30代最後の日に13歳年下の夫と結婚した身なので、興味津々で同ドラマに見入ってしまいました。同じように、婚活経験者や現在絶賛恋活&婚活中の方なら、「これ、あるなあ!」と思いながら視聴する女性も多いはず。

ただ、真剣に結婚を望むなら、アイテム選びは重要。このあたりを見誤ると無駄骨に終わります。同作に登場する「マッチングアプリ」は、明らかに結婚向きではなく、恋を探す人、それもかなりカジュアルなかたちでの肉食出会い系マッチングアプリが題材となっています。

原作者である松本千秋さんは、そんなアプリにハマった実体験を著書で綴っていて、ドラマ化していますが、いまはもうアプリを利用していないようです。本当に結婚したい女性の場合、ドラマのようなタイプのマッチングアプリでの婚活は、おススメできないなとつくづく思いました。

ただ、同作は今のところに限ってですが重々しい描写はまったくナシ! コメディエンヌぶりも披露してくれる山口さん扮するチアキの、アラフォーながら揺れ動く心情が垣間見えて、共感度数120パーセント!!

では、どんな人たちが登場するのか、続いて見ていきましょう!

通称・国立くん(鈴木康介)と居酒屋デートするチアキはこのあとついに!? Ⓒ「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」製作委員会
1 2