コラム 新垣結衣&星野源にまた会える!『逃げ恥』新春スペシャルが描く人生の転機の解決法とは?

こんにちは、テレビウォッチャーで、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。Suits womanでテレビをテーマにした連載コラムを書いています。

今回は、新春スペシャルドラマ『逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類! 新春スペシャル!!』をご紹介します。

ビジネスから生まれた本当の愛

森山みくり(新垣結衣)と津崎平匡(星野源)がママとパパに! ©TBS

新垣結衣さんと星野源さんの共演で、2016年10月期に放送されたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)が、新春スペシャルドラマ『逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類! 新春スペシャル!!』(TBS系 午後9時)として、2021年1月2日に2時間25分にわたって放送されます。

同作は、海野つなみさんの同名マンガが原作。新垣さん演じる、「職ナシ」「彼氏ナシ」「居場所ナシ」の主人公・森山みくりが、星野さん演じる恋愛経験のない独身サラリーマンの津崎平匡と、「仕事」として契約結婚。「夫=雇用主」ととらえ、「妻=従業員」とした、訳アリ夫婦のラブコメディーです。

連続ドラマ放送時は、回を追うごとに注目度も高くなり、最終回では高視聴率を記録したこの通称『逃げ恥』。「もっと続きが見たい!」「みくりと平匡はどうなるの!?」と、そのムズキュンなストーリーに釘付けになった視聴者も多いはず。今回の新春スペシャルでは、契約結婚から生まれた恋を経て、みくりと平匡がついに本当の“結婚”を決めた連ドラの“その後”が明らかになります。

脚本は原作コミックスの10巻と11巻をもとに、変わらず野木亜紀子さんが担当し、メインキャスト陣も再集結。プロデューサーの那須田淳さんは、「結婚生活3年目に入ったみくりさんと平匡さんの2019年から2020年の一年以上を描きます」とドラマ公式サイトでコメントしていますが、3年目の夫婦というともう、すっかり慣れ親しんでいるはずですよね。

このふたりのことを現実社会に置き換えると、そもそも契約結婚をするという展開がなかなか難しいところ。みくりのように大学院を出ても就職活動がうまくいかなくて、派遣社員としてなんとか生活しているという人は、いるかもしれません。でも、平匡のように、超地味で“独身のプロ”となっているが実はハイスペックで甲斐性があるうえ、女性側が「契約結婚でもいい」と思えるような男性って、現実にはなかなかいないじゃないですか(いや、それを言うと、ガッキーこと新垣さんのような美人もそういないけど)。

とはいえ、たとえファンタジーだとしても、ふたりの言葉や仕草ひとつに、胸キュンさせられてしまうという、おおいなる“逃げ恥マジック”が魅力。

清潔感があって爽やかなガッキーがみくりを演じるからこそ、契約結婚を超えて愛が生まれそうな感じがしますし、超地味だけれど実のところ超優良物件という平匡の雰囲気にマッチする星野さんが巧みに演じるからこそ、納得できるカップルが成立していたと思いました。いやあ、キャスティングって本当に、重要なんですね。

1 2