コラム 香取慎吾の高い演技力は健在!『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』で見せる暗部とは?

こんにちは、テレビウォッチャーで、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。Suits womanでテレビをテーマにした連載コラムを書いています。

今回は、『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』(テレビ東京系 毎週月曜 午後10時)をご紹介します。

香取慎吾の振り幅の大きい高い演技力を味わう

主人公・万丞渉(香取慎吾)は“アノニマス”を見つけ出せるのか。 ©「アノニマス」製作委員会

現在放送中の香取慎吾さん主演の連続ドラマ『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』は、SNSでの誹謗中傷をテーマにした、オリジナル脚本によるクライムサスペンスです。

香取さんは、2016年放送の『ストレンジャー〜バケモノが事件を暴く〜』(テレビ朝日系)以来、民放ドラマ出演は5年ぶり、テレビ東京のドラマ出演となると1988年放送の『あぶない少年Ⅲ』以来、なんと33年ぶり。初回放送は、テレビ東京の月曜夜10時開始のドラマとしては視聴率最高記録を更新し、ツイッターでは「アノニマス」がトレンド1位になるなど、注目度の高さがうかがえました。

香取さんといえば、元SMAPのメンバーでもあり、2017年9月からは稲垣吾郎さん、草彅剛さんとともに、プロジェクト「新しい地図」としての活動をスタートさせました。今回のドラマのテーマとなっているSNSにおいても、「新しい地図」始動時より、ツイッターやインスタグラム、ユーチューブほか、さまざまなSNSを活用してわたしたちを楽しませてくれていますよね。

ドラマタイトルにもなっている“アノニマス”とは、日本語で“匿名”を意味する言葉だそうで、日本はネット上の匿名比率が7割にもなり、他国に比べて顕著に高い匿名大国なんだとか(平成26年版情報通信白書より)。また、“指殺人(ゆびさつじん)”とは、インターネットでの誹謗中傷や炎上などを起こすこと、キーボードによって人を追い込む=殺人=指殺人ということ。この指殺人が社会問題となり、対応するため警視庁に新設された通称「指対(ゆびたい)」こと“指殺人対策室”で、顔の見えない犯罪者=アノニマスを捜査し見つけ出すというストーリーです。

便利なSNSが、時に人を追い込む凶器になる……そう考えると、あまりにも気軽な存在となっているSNSですが、ネットリテラシーを高く持って、節度のある付き合い方をするのが一番だと感じます。

香取さんが『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』で演じるのは、主人公の万丞渉(ばんじょうわたる)。ある事件をきっかけに捜査一課の第一線から外された一匹狼ながらも、クセの強いメンバーとともに、指殺人に苦しむ人々の事件を解決に導いていくのですが、なんともクールでシニカル!

何か重い過去を背負っている空気感満々の物静かな万丞には、 “元気で明るい慎吾ちゃん”の面影はまったくナシ。実年齢は43歳の香取さんは、なぜかいくつになっても“慎吾ちゃん”と呼びたくなるポジティブオーラがありますが、ドラマでは正反対に、暗〜い影のある印象に。

2020年のAmazon Originalドラマシリーズ『誰かが、見ている』(Amazonプライム・ビデオで独占配信中)では、突き抜けたシチュエーション・コメディでコミカルな芝居を見せてくれた香取さん。コメディからシリアスまで、振り幅の大きい高い演技力で、今回も視聴者を引き込んでいるのです。

そんな香取さんを取り巻く「指対」メンバー、そして登場する人物たちはなにやら個性的なメンバーばかり。続いては、ほかの登場人物もみていきましょう!

クールで重々しい空気を背負う万丞役は、香取さんの新しい一面。 ©「アノニマス」製作委員会
1 2