コラム 女は“シジュー”から!『その女、ジルバ』の池脇千鶴たちが教えてくれる人生の楽しみ方

こんにちは、テレビウォッチャーで、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。Suits womanでテレビをテーマにした連載コラムを書いています。

今回は、『その女、ジルバ』(東海テレビ・フジテレビ系 毎週土曜 午後11時40分)をご紹介します。

「人生は楽しまなくちゃ!」と思わせる主人公の朗らかさ

主人公・笛吹新(うすいあらた)は源氏名「アララ」となり明るさを取り戻す。 ©東海テレビ

現在放送中の池脇千鶴さん主演の『その女、ジルバ』は、「第23回手塚治虫文化賞マンガ大賞」を受賞している、有間しのぶさんの同名コミック(小学館「ビッグコミックス」刊)が原作、そして「Dr.コトー診療所」シリーズなどを手掛けた吉田紀子さんの脚本による連続ドラマです。

池脇さん演じる主人公・笛吹新(うすいあらた)は、結婚直前で婚約者に裏切られ破談となり、さらに本社勤務から「姥捨て場」と呼ばれる倉庫勤務に異動させられるという、夢も貯金も恋人もいない40歳の女性。

うまくいかない現状や老後に不安を抱えながら、偶然「ホステス募集 ただし40歳以上!」の張り紙を見つけ、思い切ってBAR「OLD JACK&ROSE」の扉を開くと、そこにいたのは、自称50代から80代までの元気な高齢ホステスたち。そう、そこは超高齢熟女BARだったのです。

終戦直後から力強くポジティブに生きてきた彼女たちの姿を見て、昼と夜、二足のワラジで働くことになったホステス“アララ”こと新。だんだんと生命力が増す新に、BARに来たお客さんや職場の同僚たちも感化されて、みんなが輝いてくるという、ミラクルヒューマンストーリーなのです。

池脇さんの“リアルすぎる”シジュー(四十)の主人公の姿は、すでに巷でもSNSでも話題沸騰。ドラマが始まる前に番宣で出演したバラエティ番組では、「……なんか、老けた?」という声が視聴者側からつぶやかれるなど、いつものチャーミングな姿とは少し違う印象を視聴者に与えていた池脇さん。

ですが、いざドラマ『その女、ジルバ』が始まると、「え、これって、池脇千鶴!?」「誰だかわからなかった!」という声も多々あるなか、“伝説のママ・ジルバ役”と“笛吹新役”の一人二役を演じる池脇さんの、その女優魂が絶賛されています。劇中で新が女性としての自信を取り戻していくのと同時に、以前は“しょぼくれたシジュー女”が、どんどん「友達になりたい!」と思わせるおおらかさとパワフルさをあわせもつ“カッコいいシジュー女”に大変身。

よくある“どこからどう見ても美人なのにモテない役”をする女優よりも、“見た目からリアルなシジュー女”を体現する池脇さんの、役作りのすごさに唸るばかり。新の肉付きのいいフォルムはそのままに、まるで別人のようなオーラをまとわせ、それを画面越しにまで伝わせてくるなんて、演技派の池脇さんだからこそできる技。さらに観ているこちら側も、新と同じように、ドラマの回を増すごとに明日への力がみなぎってくるんですから、不思議なものです。

思い返せば池脇さんは1999年の映画『大阪物語』で売れない漫才師夫婦の娘役を演じ、映画デビュー作から新人賞を総なめにした力量の持ち主。筆者はとくに、2003年の映画『ジョゼと虎と魚たち』での車椅子生活を送る役や、2014年の映画『そこのみにて光輝く』での問題を抱える家族を持つ役、近年では2019年の映画『半世界』での炭焼き職人の妻役などが印象的でした。

どの役にも通じているのは、今の世を「必死に生きている女性」だということ。そこにいかにも演技をしている感じや、ウソが見えると、視聴者の心はつかめません。その点『その女、ジルバ』においても、2021年の今も続くコロナ禍において、池脇さんが得意とする「リアリティのある」等身大のシジュー女性像が、見事に発揮されているのです。

そして、池脇さんのほか、味わい深いキャストがたくさん登場。映画『ジョゼと虎と魚たち』以来、約17年ぶりの共演となる、新の職場である倉庫のグループリーダー・浜田スミレ役を演じる、江口のりこさん他にも迫ってみましょう!

「OLD JACK&ROSE」 マスターの蛇ノ目幸吉(品川徹)と“チーママ”こと大田原真知(中尾ミエ)。 ©東海テレビ
1 2