コラム 玉森裕太&間宮祥太朗にキュンです!『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』気になる上白石萌音の恋の行方

こんにちは、テレビウォッチャーで、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。Suits womanでテレビをテーマにした連載コラムを書いています。

今回は、火曜ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系 毎週火曜 午後10時)をご紹介します。

自然体で魅了する上白石萌音

ドS編集長に翻弄される姿に毎回ハラハラ。 ©TBS

現在放送中の上白石萌音さん主演のドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』は、田辺茂範さんの脚本による胸キュンお仕事&ラブコメディー。田辺さんといえば、2020年1月期に同じTBS火曜ドラマ枠で放送された、上白石さんと佐藤健さんが共演して話題となったドラマ『恋はつづくよどこまでも』のParaviオリジナルストーリーの『まだまだ恋はつづくよどこまでも』 の脚本も担当していますが、今回のドラマでもこのときのスタッフが再集結しています。

「ボス恋」こと『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』は、『音羽堂出版』のファッション雑誌『MIYAVI』の編集部が舞台。そもそも「仕事も恋愛もほどほどに。人並みで普通の幸せを手にしたい」という、田舎育ちで安定志向の上白石さん演じる主人公・鈴木奈未は、備品管理部の面接を受けたものの、ひょんなことから『MIYAVI』に配属され、菜々緒さん演じるパリ帰りの超ドS鬼編集長・宝来麗子の雑用係になることに。

上白石さんは“超ドS鬼上司”の菜々緒さんに振り回される役ですが、前回のドラマ『恋はつづくよどこまでも』でも、佐藤さんが演じた“魔王”の異名を持つ“ドS”の循環器内科医に振り回される新人看護師役でした。“ドS”に縁のある上白石さんですが、その愛くるしいルックスは、男女問わずつい応援したくなるような親近感にもあふれています。

さまざまなトラブルに負けずに向かっていく姿も愛おしい。ⒸTBS

一見、どこにでもいそうな親しみやすさを醸し出しているものの、やっぱり「どこにもいない」真の女優である、上白石さん。「ボス恋」では、超ドS上司の雑用係として奮闘しながら、自分にとって本当に大切なものは何かを見つけていく奈未役を実にナチュラルに演じています。

劇中で奈未が恋するのは、最初は知らなかったがあとで超ドS鬼編集長・麗子の弟だと判明した“子犬系御曹司”のカメラマン・潤之介。そしてこの潤之介役を演じる、Kis-My-Ft2の玉森裕太さんに「もうたまらん!」と、キュンキュンさせられている女性視聴者が激増中です。続いては、そんな玉森さんや他のキャストのみなさんにも迫っていきましょう!

1 2