コラム 栗山千明が髪をかき上げるとスイッチオン! アラサー女子が夢見るドラマ『ラブコメの掟〜こじらせ女子と年下男子〜』

こんにちは、テレビウォッチャーで、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。Suits womanでテレビをテーマにした連載コラムを書いています。

今回は、水ドラ25『ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~』(テレビ東京系 毎週水曜深夜1時10分)をご紹介します。

ラブコメからアクションまでなんでもハマる栗山千明

栗山千明演じる九条瑠璃。こちら表向きの“パーフェクトウーマン”の様子。(c)「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」製作委員会

現在放送中の栗山千明さん主演ドラマ『ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~』は、恋愛経験豊富な仮面を被ったこじらせ女子と、笑顔の下に本音を隠した年下男子の嘘から始まる、胸キュンラブコメディです。

テレビ東京の深夜の連続ドラマでは初主演となる栗山さんは、美人でスタイル抜群なうえ、仕事もデキる優秀な“百戦錬磨”風のパーフェクトウーマン・九条瑠璃役。表向きではパーフェクトな瑠璃は、実際には、彼氏いない歴15年という“超ド級な恋愛初心者”という、ギャップがあるキャラクター。

一方、そんな瑠璃の部下で、“見た目も中身もパーフェクト”なのに、なぜか振られ続けてきているという後輩・真宮亮役を若手俳優の小関裕太さんが演じています。

自宅では、膨大な少女漫画に囲まれながら、ひとりでのびのびとラブコメの世界に浸ることが大好きな瑠璃。プライベートではオタク女子ともいえる瑠璃ですが、オフィシャルな場面では、男女ともに後輩に慕われる頼れる上司像をまっとうすべく、常にかっこよく振る舞います。

でも、後輩にアドバイスする際、実際に参考にしているのは、すべて少女漫画から。その場によって適切なセリフをチョイスして発言し、相談者から、ありがたがられています。

それを観ていて思いましたが、瑠璃ほど公私の様子にギャップがないとしても、誰だって、ひとりでいるときとそうでないときの差って、ありますよね? とくに好きな人の前だと、無意識のうちにいつもとは違うよそ行きの顔になることだってあるだろうし、親の前と友達の前とでは、見せる雰囲気に違いがあることも。だからなのか、公私における二つの顔を使い分けようとがんばる瑠璃の姿は、共感できる部分もあるうえ、どこかユーモラス。

そんな瑠璃を演じる栗山さんは、艶やかな黒いロングヘアをなびかせながら、これまでも数多くの作品に出演してきました。ティーン誌のモデルを経て、1999年に映画『死国』で女優デビューした栗山さんは、2000年に出演した深作欣二監督の映画『バトル・ロワイヤル』の演技がクエンティン・タランティーノ監督の目に留まり、2003年には『キル・ビル Vol.1』へ出演するなど、国内外で活躍されています。

ドラマといえば、栗山さんは今年3月まで2クールにわたり放送されていた連続ドラマ『24 JAPAN』(テレビ朝日系)でのCTU(テロ対策ユニット)でのクールビューティーな役では、最後に衝撃的な展開を繰り広げて、冷徹な女性に扮していたのも記憶に新しいところ。

打って変わって、今回はドラマタイトルにもあるように“ラブコメ”の主人公を演じ、コミカルな場面も多々登場します。こうして思えば、アクションからシリアス、そしてコメディと、幅広いジャンルに対応できる栗山さんの演技力は幅広く、スゴイですよね。

そんな栗山さん演じる瑠璃の恋愛相手となる、年下男子役の小関裕太さんや、弟役の草川拓弥さんなどのイケメンにも、続いて迫ってみましょう。

こちら表向きの逆、裏向き(?)の少女漫画が大好きな恋愛初心者の瑠璃。(c)「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」製作委員会
1 2