コラム 稲垣吾郎が奇妙な世界をつなぐドラマ『きれいのくに』 。深まる謎が人間の業をあぶり出す

こんにちは、テレビウォッチャーで、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。Suits womanでテレビをテーマにした連載コラムを書いています。

今回は、よるドラ『きれいのくに』(NHK総合 毎週月曜 午後10時45分)をご紹介します。

不可解な世界をつなぐ圧倒的な稲垣吾郎の存在

物語のキーパーソンといえる稲垣吾郎。3話では先生役に。(c)NHK

吉田羊さん、稲垣吾郎さんが出演している、現在放送中の連続ドラマ『きれいのくに』は、誰しもが多かれ少なかれ抱える、容姿へのコンプレックスを物語の軸としています。高校生たちが暮らすのは、ほとんどの大人が“同じ顔”をした不条理な国。恋愛の衝動がほとばしる、リアルと虚構の入り交じる“青春ダークファンタジー”なのです。

とはいえ、4月12日放送の初回と19日放送の2話では、高校生はまだ出てきていません。ファンタジーの序章として「大人たちの物語」から始まりました。再婚同士である、美容師の恵理(吉田羊)と税理士の宏之(平原テツ)の夫婦に子どもはおらず、優雅な生活を満喫しています。しかし、ある日突然、恵理が十年前の恵理(蓮佛美沙子)の姿に若返った!? 宏之が困惑するなか、彼女の秘めた過去が明らかになっていきます。

気鋭のクリエイターが作り出す、攻めたドラマに挑戦してきたこの“よるドラ”枠。2020年に同枠で放送され、好評につき今年6月7日から“し~ずん2”がスタートする、千葉雄大さんと伊藤沙莉さんが出演されたラブ・コメディ『いいね!光源氏くん』が大好物だったので、『きれいのくに』も気になっていました。

今回のドラマは、新進気鋭の劇作家・加藤拓也さんとNHKが初めてタッグを組んでいて、2話まで視聴したものの、「どういうこと?」と謎は深まるばかり……。加藤さんが公式サイトで「へんてこな話を提案したらそのままゴーが出た」「へんてこな手触りのドラマになっているはず」とコメントしているのですが、「へんてこ」を通り過ぎて、なんとも奇妙であり、どこかゾッとさせるようなホラー感も。

それは40代の恵理を演じていた吉田さんが、1話の最後には蓮佛さん扮する30代の恵理になり、さらに2話の最後には小野花梨さん演じる20代の恵理になっているという、逆浦島太郎状態の展開に、プチパニックになります。パラレルワールドなのか? ひとりタイムスリップなのか? しかも恵理の変化を感じ取っているのが夫だけで、まわりの人たちはさほど気にしていないという、深まるミステリー。

そんな謎めいたストーリーをつないでいくのが、稲垣吾郎さんです。1話と2話で、恵理と宏之にインタビューをする、監督役として登場。次回26日放送の3話では、稲垣さんが先生役になる模様。さらに、劇中の架空の国では、ポスターの男性も含め、ほとんどの大人の男性の顔が日本のドラマ初というAI(人工知能)での顔合成が使用され、稲垣さんの顔になるという驚愕の展開に。

そして女性のほうも、ほとんどの大人の女性の顔が、加藤ローサさんの顔になるのだそう。加藤さんは、なんと10年ぶりの地上波ドラマへの出演ということで、時の流れを感じてしまいます。

20代の恵里を演じる小野花梨。20代の経験が未来に与える影響は?(c)NHK
1 2