コラム 松坂桃李×井浦新のBL!?に隠された多様性あるドラマ『あのときキスしておけば』に萌えキュン!

こんにちは、テレビウォッチャーで、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。Suits womanでテレビをテーマにした連載コラムを書いています。

今回は、金曜ナイトドラマ『あのときキスしておけば』(テレビ朝日系 毎週金曜 午後11時15分・一部地域除く)をご紹介します。

大石静がコミカルに描く新しい“人との絆”

もっとイチャイチャしてほしい! 田中マサオ(井浦新)&桃地のぞむ(松坂桃李)にドキドキ (C)テレビ朝日

現在放送中の松坂桃李さん主演ドラマ『あのときキスしておけば』は、恋愛ドラマの名手と名高い大石静さんのオリジナル脚本による衝撃(いや、笑撃?)の“入れ替わり”ラブ・コメディです。

大石さんといえば、『知らなくていいコト』(日本テレビ系 2020年 )、『家売るオンナの逆襲』シリーズ(日本テレビ系 2016・2019年)、『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系 2018年)、『セカンドバージン』(NHK 2010年)、NHK連続テレビ小説『ふたりっ子』(1996年)ほか、ホームドラマから恋愛ドラマまで、数々のヒット作を世に送り出してきました。

今回の『あのときキスしていれば』略して「あのキス」は、ポンコツで不運続きというスーパーの青果担当をしている主人公・桃地のぞむ(松坂)が、ある日、レジで粘着質なクレーマーにからまれていたところ、大好きな漫画『SEIKAの空』の作者・唯月巴(麻生久美子)に助けられ、運命的な出会いを果たしたところから、物語が始まります。

巴はペンネーム「蟹釜ジョー」として知られる漫画家で、その後高額バイトとして雇った桃地とともに沖縄旅行に出かけたところ、事故に巻き込まれ帰らぬ人に……と見せかけて、実は飛行機で隣り合わせた見知らぬおっさん・田中マサオ(井浦新)の体に巴の魂だけ乗り移ってしまうという、トンデモストーリー。

この「死んだ彼女の魂がおじさんに乗り移る」というアイデアをドラマの貴島彩理プロデューサーから提案された大石さんは、柔軟に脚本に取り込みながら、大石さんならではのラブ・コメディを展開しているのです。

なんといっても、桃地と“オジ巴”(巴の魂が乗り移ったマサオ)のイチャイチャぶりが毎週見どころで、回を増すごとに親密度が上がり、一見「BL(ボーイズラブ)なのかな!?」と見紛うばかり。ドラマの公式Youtubeチャンネルでは、“オジ巴”と桃地がラブラブモードで追いかけっこしながらのバックハグ動画までアリ! 同局で大ヒットしたこちらは正真正銘BLがベースのドラマ『おっさんずラブ』(2016・2019年)も記憶に新しいですよね。

さらに“入れ替わり”がテーマといえば大林宣彦監督の映画『転校生』(1982年公開)から、つい最近まで放送されていた冬ドラマ『天国と地獄 ~サイコな2人~』(TBS系 2021年)など多々。ただ、ドラマでいうと、筆者は『民王』(テレビ朝日系 2015年)が思い出深い。このドラマも「あのキス」と同じ同局の金曜ナイトドラマ枠でしたが、ダブル主演の内閣総理大臣役の遠藤憲一さんと息子役の菅田将暉さんの“入れ替わり”の演技がすごかったし、心の底から笑わせてもらいました。

ただ、「あのキス」がこれまでの“入れ替わり”ドラマと少し違うのは、すでに巴は死んでいるということ。つまり、ユーレイの巴の器がマサオなわけですが、そのマサオの魂はどこに行っていて果たして戻ってくるのか? 巴は戻る器がないため、今後は成仏するのか、それとも人形など他の物体に乗り移るのか? 謎は深まるばかりです。

続いては、松坂さんや井浦さんなど、キャストにも迫っていきましょう!

1 2