コラム 清原果耶の透明感と爽やかさも魅力!朝ドラ『おかえりモネ』の鮮やかさ

こんにちは、テレビウォッチャーで、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。Suits womanでテレビをテーマにした連載コラムを書いています。

今回は、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK総合 月~土曜 午前8:00~8:15ほか)をご紹介します。

自然のなかで育ち天気と向き合うヒロイン

ヒロイン・永浦百音役の清原果耶さんの爽やかさ! (C)NHK

連続テレビ小説『おかえりモネ』は、海の町である宮城県の気仙沼に生まれ育ち、森の町である宮城県の登米(とめ)で青春を送る、清原果耶さん演じるヒロイン・永浦百音(ながうらももね)が成長していく姿を描いています。天気にとことん向き合う「気象予報士」という仕事を通じて、百音が人々に幸せな未来を届けていくという、希望の物語なんです。

百音(愛称:モネ)役を演じる清原さんは、2002年1月30日生まれの現在19歳。2014年に「アミューズオーディションフェス2014」グランプリを受賞し、2015年に連続テレビ小説『あさが来た』で女優デビュー。2018年には、ドラマ10『とうめいなゆりかご』(NHK総合)で初主演を果たし、2019年には連続テレビ小説『なつぞら』にも出演するなど、同局に縁のある清原さん。

今回ヒロインを務める『おかえりモネ』では、『透明なゆりかご』の脚本を手掛けた安達奈緒子さん、制作統括の須崎岳さんと、再タッグ。今作の公式サイトでも、「一緒にやらせていただきたいと思っていたので、すごくうれしかった」とコメントしている清原さんは、朝ドラ出演についても「『あさが来た』で初めて出させてもらい、『なつぞら』で帰ってこられたときもうれしかったのですが、まさかの3作目ということで、本当に光栄です」と喜びもひとしおの様子がうかがえます。

命の尊さを問うシリアスなドラマ『透明なゆりかご』では、産婦人科で起きる衝撃的な出来事に真正面から取り組む、アルバイトの看護助手として働く17歳の主人公・アオイ役をフレッシュに演じていた清原さん。今回は、毎日の朝を彩る『おかえりモネ』で、自身の人生や未来について試行錯誤しながら、一生懸命前へ進んでいこうとするモネを鮮やかに演じています。

モネは、自然豊かな島で両親・祖父・妹と暮らしていましたが、高校卒業と同時に実家を離れて、ひとりで内陸へ移住。ですが、大学受験にことごとく失敗して、祖父の知り合いで登米の山主である、名物おばあさんの元に住み、林業や山林ガイドの見習いの仕事をしています。あるとき、東京からやってきた人気の気象キャスターと出会い、山で豪雨に見舞われたことで「気象予報士」という資格に興味を持つモネ。これからどのような選択をしていくのか、気になるところです。

続いては、実力派俳優たちが演じる、モネを取り巻くまわりの人たちについても見ていきましょう!

1 2