コラム ソン・ジュンギの演技が光るNetflixの韓国ドラマ『ヴィンチェンツォ』はスタイリッシュで鮮やかな痛快作

こんにちは、テレビウォッチャーで、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。Suits womanでテレビをテーマにした連載コラムを書いています。

今回は、韓国ドラマ『ヴィンチェンツォ』(Netflix)をご紹介します。

スタジオドラゴン最新作はシリアス&ユーモアのバランスが絶妙

主人公の韓国系イタリア人弁護士、ヴィンチェンツォ・カサノ(ソン・ジュンギ)。 Netflixオリジナルシリーズ『ヴィンチェンツォ』独占配信中。

おこもり期間が長引くところ、自宅で気軽に鑑賞できるドラマや映画の需要が高まっています。動画配信サービスなどにより海外作品を視聴できる機会も増えて、いま“第4次韓流ブーム”といわれるなかで、新たに熱視線が注がれているのが、韓国ドラマ『ヴィンチェンツォ』。

韓国でドラマが放送された2021年2月20日同日より、Netflixで世界へ配信がスタートしてからというもの、日本のNetflix総合TOP10上位に連日ランクインし続けている話題作です。

昨年日本でも話題をさらった韓国ドラマ『愛の不時着』や、以前このドラマコラムでもご紹介した『サイコだけど大丈夫』、そして筆者が大好きな韓国トップスター俳優のコン・ユさん主演でアジアに“トッケビシンドローム”を巻き起こした『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』ほか、数々のドラマを手がける韓国の制作会社、スタジオドラゴンによる最新作がこの『ヴィンチェンツォ』。

タイトルの『ヴィンチエンツォ』は、ソン・ジュンギさん演じる、主人公の韓国系イタリア人の弁護士、ヴィンチェンツォ・カサノの名前から。

韓国生まれ、イタリア育ちで、イタリアのマフィアの顧問弁護士(コンシリエーレ)であるヴィンチェンツォ。韓国のソウルにある雑居ビル「クムガプラザ」の地下に眠るという金塊を求めて、母国である韓国へ戻るところから状況が大きく展開していきます。

ヴィンチェンツォとホン・チャヨン(チョン・ヨビン)の恋の行方は? Netflixオリジナルシリーズ『ヴィンチェンツォ』独占配信中。

冒頭からガンガン撃ち合いが繰り広げられ、ハードボイルドなシーンに手に汗握る一方で、そんな冷徹な顔を隠して韓国では紳士的に振る舞う、ヴィンチェンツォ。

最初は孤独な戦いになるのかと思いきや、ストーリーが進むにつれて、だんだんとヴィンチェンツォが“最強で最恐な人物”だと周囲の人たちにも知れわたってくるのですが、“強いながらも実はあたたかい人柄”に引き寄せられるクムガプラザの住人たちの動向も、実に面白いんですよね。

以前このドラマコラムでもご紹介した『梨泰院クラス』のように、弱き者が圧倒的な悪に立ち向かっていく構図は、やっぱり応援したくなるもの。

でも今作の場合は、劇中でヴィンチェンツォが世話になる、クムガプラザで法律事務所「藁」の代表弁護士をしている人権派弁護士のホン・ユチャン(ユ・ジェミョン)が言った「悪魔を追い出すのは悪魔だ」という言葉の通り、巨悪に立ち向かう最恐なヴィンチェンツォの姿が印象的です。

ばく大な富と利権を握る巨大組織に、正義の鉄槌を下していく、ヴィンチェンツォ。金塊を手に入れたらイタリアに戻るつもりだったのに、のちにヴィンチェンツォとバディを組むようになる、ホン・ユチャンの娘の弁護士・チャヨン(チョン・ヨビン)らクムガプラザの住人たちと、少しずつ絆が深まっていく様子も見どころのひとつ。

では続いて、さらにキャストに迫っていきましょう。

ヴィンチェンツォをずらりと取り囲む「クムガプラザ」の住人たち。キマってる! Netflixオリジナルシリーズ『ヴィンチェンツォ』独占配信中。
1 2