コラム 中川大志の実力と魅力がたっぷり楽しめる初主演ドラマ『ボクの殺意が恋をした』

こんにちは、テレビウォッチャーで、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。Suits womanでテレビをテーマにした連載コラムを書いています。

今回は、『ボクの殺意が恋をした』(読売テレビ・日本テレビ系 日曜午後10:30)をご紹介します。

いまの世の中を明るくするスリリングなラブコメディが誕生

GP帯に初主演する中川大志が最高に“間が悪い”殺し屋・男虎柊(おのとらしゅう)を熱演! (c)ytv

中川大志さんがゴールデン・プライム帯の地上波連続ドラマで初主演を務める、現在放送中の『ボクの殺意が恋をした』は、中川さん演じる最高に“間が悪い”殺し屋・男虎柊(おのとらしゅう)が、殺したいはずのターゲットである人気漫画家・鳴宮美月(新木優子)に禁断の恋をしてしまうという、スリリング・ラブコメディ。

初回放送では、幼い頃に両親を亡くした柊の育ての親で、清掃会社を経営している男虎丈一郎(藤木直人)が、ある日何者かに殺されてしまいます。

混乱する柊に、普段は警視庁の生活安全課に所属しながら、実は警察組織内に秘密裏に存在している、法では裁けない人間を闇に葬り去る殺し屋組織“Secret Operation Service(通称:SOS)”を束ねている刑事・綿谷詩織(水野美紀)が“SOS”の存在と、丈一郎がここに所属する“伝説の殺し屋”だったことを激白。

そして丈一郎を殺したのが人気漫画家の美月だと知った柊は、殺し屋になって復讐することを決意するのでした。

柊と育ての親・男虎丈一郎(藤木直人)。実は伝説の殺し屋である丈一郎のコードネームは「五黄のトラ」。 (c)ytv

今作は、映画『翔んで埼玉』(2019年)や今年8月20日公開でファイナルを迎える映画『かぐや様は告らせたい』シリーズ(2019年、2021年)、連続ドラマ『ルパンの娘』シリーズ(2019年、2020年 フジテレビ系)が好評で、今年10月15日に映画『劇場版 ルパンの娘』の公開が控える脚本家、徳永友一さんによるオリジナル作品です。

今春、脚本家の徳永さんに、コロナ禍になってからの日本ドラマの制作状況についての変化をインタビューさせていただく機会がありました。ドラマの撮影現場においてのキャストのみなさんの取り組み方もそうですが、脚本を作り上げていくにあたってのやりとりや、現在の状況下でのドラマが果たす役割のようなものの変化をうかがうことができました。

そして、詳細はまだ言えないものの連ドラの準備に入っていて、ドラマは「オリジナル脚本で、サスペンスの要素が入ったラブコメ」だとうかがっていたので、今回の『ボクの殺意が恋をした』が発表されたときに「このドラマだった!」と歓喜。

ドラマの公式サイトでは、中間利彦プロデューサーが「昨年4月のステイホーム期間中に、徳永さんと練り始めたオリジナルドラマです。閉塞感が漂うこんな時だからこそ、家族みんなでドキドキしながら笑って観られる刺激的なラブコメを作りたいと企画を練り上げてきました」とコメント。

いまの状況下において、わたしたちの日常生活にユーモアと楽しさを与えてくれるのが、この『ボクの殺意が恋をした』なのです。

殺すはずのターゲット・鳴宮美月(新木優子)をつい守ってしまう、柊。 (c)ytv
1 2