コラム 『愛の不時着』『ヴィンチェンツォ』制作のスタジオドラゴン「韓ドラ展」大興奮体験レポ

こんにちは、テレビウォッチャーで、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。Suits womanでテレビをテーマにした連載コラムを書いています。

いま“第4次韓流ブーム”が到来するなか、日本でも人気の韓国ドラマを制作している「スタジオドラゴン」社にも注目が集まっています。2021年7月9日(金)から8月28日(土)まで、東京・渋谷ヒカリエで開催の「スタジオドラゴン 韓ドラ展」をレポートします。

“韓ドラ沼”にどっぷりハマれるひととき!

日本に到来した“第4次韓流ブーム”によって、韓国ドラマ=“韓ドラ”沼にハマる人たちが続出中。今回の「韓ドラ」展では、そんな韓ドラ沼にハマった方はもちろん、なんとなく気になっている方でも楽しめる内容になっています。

JR渋谷駅から会場へ続く通路に「韓ドラ展」の広告などが展示され、入場前からワクワク感を高めます!

2016年に設立された韓国のドラマ制作会社「スタジオドラゴン」は、大ヒットした『愛の不時着』以外にも、数々の名作を世に送り出している、アジア最大規模のドラマスタジオ。今回の展覧会では、以前このテレビコラムでもご紹介した『ヴィンチェンツォ』をはじめ、『スタートアップ 夢の扉』『キム秘書はいったい、なぜ?』という近年手掛けた人気3作品にフォーカスしています。

『キム秘書はいったい、なぜ?』ブースのひとコマ。日本でも人気の俳優、パク・ソジュンさんらの甘~い空間が広がります!

開催に先駆けて行われたマスコミ向けの内覧会では、ライセンスビジネスディビジョン局長のユ・ボンユルさんが、韓国からオンラインで開会のあいさつをされて、展示される3作品の紹介やスタジオドランがヒット作を生み出す理由などを説明。

今後も「プレミアム・ストーリーテラー・グループ」として、世界でより飛躍を遂げたいというお話が印象的でした。

まずは『ヴィンチェンツォ』ブースから! ドラマの世界へ突入します~

そしていよいよ展示を鑑賞。最初の『ヴィンチェンツォ』ブースヘ行くまでの通路がスタジオドラゴンの紹介エリアになっていて、手掛けてきた作品の解説パネルが並ぶのですが、ここで筆者はテンション爆上がりでした(早い)! 

だって、大好きな韓国トップスター俳優、コン・ユさん主演の『トッケビ~君がくれた愛しい日々』のパネルも展示されていたから。まさかここでコン・ユさんに会えるなんて……(いや、展示を観てるだけだけど)感激!

そう、『トッケビ』もCGの要素が入った素晴らしい作品ですが、そんなスタジオドラゴンの作品群が並ぶと、その秀逸さに驚くばかりです。

劇中でインパクトを残した名ゼリフとヴィンチェンツォの垂れ幕が異空間へ誘います

名シーンや名セリフに心躍る 『ヴィンチェンツォ』ブース

若手人気俳優のソン・ジュンギさん演じるヴィンチェンツォ・カサノが主役の『ヴィンチェンツォ』ブース。名シーン映像や劇中の名ゼリフがシャワーのように降り注ぐフォトスポットがあり、見どころ盛りだくさん!

(左)ヴィンチェンツォがチョヨンに送る「マルタ島の絵葉書」は切ないー!(右)なんとあの「ギロチンファイル」がここに!

ドラマで実際に使用されたアイテムや着用衣装など、どれもこれも「これ、あの場面に出てたヤツ!」と驚く、レアなものばかり並びます。

韓国系イタリア人の弁護士・ヴィンチェンツォのイタリアのパスポートでしょうか、よく出来ています
実際に着用した衣装です。とくに真ん中のイタリア製スーツを実際に見ると、コレを着ていたソン・ジュンギさんのスタイルの良さが確認できます

ヴィンチェンツォを慕う住人が住む「クムガプラザ」を再現したフォトスポットや、ヴィンチェンツォが名付けたハト「インザーギ」も展示されていますよ!

「クムガプラザ」にいる手前のふたりの間に入って記念撮影することができます
「インザーギ」の足にはちゃんと青いリボンが! エサ箱もあり。会場のどこかにはインザーギの足跡もありますよ

『ヴィンチェンツォ』の世界を十分に堪能したあとは、韓国のシリコンバレーで成功を夢見る若者たちの成長物語『スタートアップ 夢の扉』のブースへと移動していきます。

1 2