コラム 斎藤工×秋元康のドラマ『漂着者』のオカルティックでめくるめく謎解きを堪能

こんにちは、テレビウォッチャーで、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。Suits womanでテレビをテーマにした連載コラムを書いています。

今回は、斎藤工さん主演の金曜ナイトドラマ『漂着者』(テレビ朝日系 毎週金曜 午後11:15/2021年8月13日は午後11:45からの放送。※一部地域を除く)をご紹介します。

斎藤工だからこそ成り立つイケメンでミステリアスな存在

長い髪に髭をはやした正体不明の男・ヘミングウェイ(斎藤工)は詐欺師か救世主か!? (c)テレビ朝日

連続ドラマ『漂着者』は、斎藤さんにとって『共演NG』(テレビ東京系 2020年)に続いて二度目の秋元作品への参加となります。秋元康さんが企画・原作・脚本を務める今作では、とある地方の海岸に、記憶をなくした全裸のイケメン男性が漂着したところから、物語が始まります。

偶然この正体不明の男を発見した女子高生たちが、無邪気な出来心で撮影した動画をSNSに投稿したことで、男は<#イケメン全裸漂着者>としてバズり、一躍時の人に。また、発見時につぶやいた言葉がアーネスト・ヘミングウェイの作品に出てくるものだったため、「ヘミングウェイ」と呼ばれるようになるのです。

自分が何者かもわからないヘミングウェイは予知能力らしきものがあり、世間を騒がせている事件を解決に導き、次第に人々から崇められる存在になっていくという、謎が謎を呼ぶ展開。

ヘミングウェイを囲む発見者のラペ(太田奈緒)・ペリ(隅田杏花)・リモ(吉田志織)の女子高生3人組。 (c)テレビ朝日

もう初回放送から、自ら志願して全裸になったという斎藤さん演じるヘミングウェイが海岸に漂着したシーンや、最後に病院の窓から後ろ向きで飛び降りるシーンなど、衝撃の連続。

さらに飛び降りるときに胸の前で腕をクロスさせるポーズや、その後登場人物もちょこちょここのクロスポーズを見せる奇妙さ、重要な意味がありそうなヘミングウェイの足にほられたタトゥー、少女の失踪事件など、観ていると「???」が頭の中を駆け巡るのです。

第2話では、奇跡的に一命を取り留めたヘミングウェイが、突然現れたローゼン岸本(野間口徹)が主宰する、生活に困っている人々を保護するNPO法人「しあわせの鐘の家」へと保護されます。

ローゼンはヘミングウェイに(こうして書くと外国人同士の会話のよう……)、「わたしたちは1400年以上お待ちしていたわけですから」と、これまた謎の言葉をかける場面もあって、意味深な言葉や人物が盛りだくさん!

そんな不気味さを醸し出す『漂着者』の世界観を観て、秋元さんの『あなたの番です』(日本テレビ系 2019年)のときのように、早くも視聴者からは考察合戦が繰り広げられている模様。でも、いまのところ「え? なんで!?」という予測不能の展開すぎて、謎の解明にはまだまだ時間がかかりそうです。

あやしげな印象のローゼン岸本のもとで果たしてヘミングウェイは記憶を取り戻すのか? (c)テレビ朝日
1 2