コラム 国民的作品『テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編』で煉獄杏寿郎の強く凛々しい生き様を見よ!

こんにちは、テレビウォッチャーで、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。Suits womanでテレビをテーマにした連載コラムを書いています。

今回は、『テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編』(フジテレビ系 毎週日曜 午後11時15分)をご紹介します。

炎柱・煉獄杏寿郎が無限列車へと向かう道中の任務を描くアニメ

吾峠呼世晴さんによる漫画『鬼滅の刃』は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で2016年2月発売の11号から、2020年5月発売の24号まで連載されていました。原作の単行本全23巻(集英社ジャンプ コミックス刊)は累計発行部数1億5000万部を突破し、これらをもとにしたアニメ『鬼滅の刃』も、メガヒットを記録。

主人公の少年・竈門炭治郎(かまどたんじろう/声:花江夏樹)らが所属する鬼殺隊が、鬼を退治するために無限列車に乗り込み、鬼殺隊の最高位“柱”である「炎の呼吸」の使い手、炎柱・煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう/声:日野 聡)とともに、熾烈な闘いを繰り広げる映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は2020年10月に公開されました。

劇場版は、日本映画史の興行収入を塗り替える歴代1位の403億円突破という快挙を成し遂げ、 全世界興行収入約540億以上となるなど、もはや説明不要といえるほど、誰もがその物語に惹き込まれたのです。

筆者も『鬼滅の刃』を読みたくて初めて「週刊少年ジャンプ」を購入しましたし、単行本も読破し、アニメも全作視聴、劇場版は映画館へ足を運んだのはもちろん、Blu-rayも購入し、家族でも何度も鑑賞しています(でも、いつも泣いてしまうのはママが一番多い)。子どもだけではなく大人まで、さらに年齢も性別も国境も超えて、愛される“鬼滅”の世界。

そんな「国民的作品」となった『鬼滅の刃』。原作を大事にしながらufotableが描くアニメーションは、圧巻の映像美で、さらに魂のこもった声優陣の芝居や、荘厳な音楽にも魅了されます。

地上波では、2019年4月から9月にテレビアニメ化され、「竈門炭治郎立志編」(TOKYO MXほか)放送後に動画配信サービスでも全26話を配信。それらの特別編集版をフジテレビがゴールデン・プライム帯で2020年は2週連続、2021年は5夜連続で放送。9月には、同局で『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が初放送されました。

すでにTVアニメ「遊郭編」が同局にて放送される(12月5日スタート)というニュースはアナウンスされていましたが、まさかの(!)劇場版オンエア後に、『テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編』が10月からスタートするという、鬼滅ファンにはめちゃくちゃうれしいニュースがサプライズ発表。

ここで、待望の『テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編』の10月10日に放送された、完全新作となる第1話『炎柱・煉獄杏寿郎』をさっそく振り返ります。

1 2