コラム 不穏な鐘が鳴り響くドラマ『最愛』は吉高由里子×松下洸平×井浦新によるダークなサスペンスラブストーリー

こんにちは、テレビウォッチャーで、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。Suits womanでテレビをテーマにした連載コラムを書いています。

今回は、金曜ドラマ『最愛』(TBS系 毎週金曜午後10時)をご紹介します。

ヒット作を手がける面々がドラマを支える

(C)TBS

『最愛』は、吉高由里子さん演じる殺人事件の重要参考人となった主人公の実業家・真田梨央と、松下洸平さん演じる梨央の初恋の相手で事件の真相を追う刑事・宮崎大輝、そして井浦新さん演じるあらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士・加瀬賢一郎の3人を中心に展開する、サスペンスラブストーリーです。

2006年、梨央が青春時代を過ごしていたのどかな田舎町で失踪事件が発生。15年後、時代を牽引する実業家となった梨央の前に事件の関係者が現れ、そのことがきっかけで、当時の記憶とともに封印したはずの事件が再始動します。

今作は『アンナチュラル』(2018年)、『MIU404』(20年 ともにTBS系)のプロデューサー・新井順子さんと演出・塚原あゆ子さん、『リバース』(17年放送 同系)でこのおふたりと組んだ奥寺佐渡子さんと清水友佳子さんの脚本による、完全オリジナル・ストーリー。

これらヒット作を手がけた面々による今回のドラマだけに、初回からすでにハイライトばかりという印象大。過去の失踪事件が現在の殺人事件へとつながっていく、謎が謎を呼ぶスリリングな展開に、グイグイと引き込まれてしまうのです。

前回放送された第3話では、梨央が新薬開発事業を手がける由縁となった最愛の弟・優が、罪を犯した記憶を取り戻して姿を消し、さらに成長した優が発見されたものの縁を切りたがっているという事実が判明。

また、梨央が代表取締役を務める「真田ウェルネス」に一通の脅迫メールが届き、事業説明会で警備員に変装した脅迫メールの送り主が、刃物を持って襲いかかる……という衝撃の事態が勃発しました。

まだ第3話までの放送とはいえ、第1話からここまでですでに不穏の鐘が鳴り響き続けている同作は、畳み掛けるようなスピーディーさと、事件の真相を解き明かすための手がかりが随所にちりばめられているところがポイント。

事件の犯人が明かされているようでそうでもない、「この人が犯人?」と推理しつつも、「やっぱりこっちもアヤシイ!!」となる、考えれば考えるほど深みにハマっていく深淵さがあるのです。

(C)TBS

きっとタイトルからして、それぞれの登場人物が抱える“最愛”の感情、そして“最愛に想う人物”を守るために、事件の真相が見えなくなっているのだろうと推測。ふたを開ければ、その真相は納得できる部分もあるのかもしれません。

梨央と大輝の地元という設定で登場する白川郷は、まがまがしい事件とは無縁に思える(思いたい)ほどの、美しい自然が広がる場所。のどかさとまがまがしい事件の深い溝は、強すぎる陰陽のコントラストとして、目に焼き付くのです。

続いては、そんな物語を紡ぐ吉高さんをはじめとする、役者のみなさんに迫ります。

(C)TBS
1 2