コラム 高畑充希がドラマ『ムチャブリ!』で見せる30歳シングルの“恋と仕事” の奮闘譚

こんにちは、テレビウォッチャーで、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。Suits womanでテレビをテーマにした連載コラムを書いています。

今回は、『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』(日本テレビ系 毎週水曜 午後10時)をご紹介します。

一生懸命な等身大の主人公が共感を呼ぶ

『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』は、6年間彼氏ナシ・出世欲ナシという30歳の社長秘書・高梨雛子が、カリスマ社長・浅海寛人から突然社長に任命されるというムチャブリから始まる、爽快なお仕事エンターテインメントです。

本当は家に帰ってからのビールが楽しみなイマドキ世代の主人公・雛子を演じるのは、高畑充希さん。2005年にミュージカル女優としてデビューし、舞台『ピーターパン』では6年間、8代目ピーターパンを遂行。近年では、2016年度のNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』のヒロインや、2019年のドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系)の主演など、ドラマや映画でも大活躍されているのは周知の通りですよね。

雛子は、いきなり社長に抜擢されて以降、従業員との衝突や売上不振、やたらと仕掛けてくるライバル社との戦いにてんてこまいになりながらも、数々のムチャブリと思える難題を真心とヤル気で乗り越えていきます。

令和の時代にはちょっと似合わないかもしれないスポ根気質ながら、頑張る雛子を応援せずにはいられない、ひたむきさがひしひしと伝わってくるんですよね。

高畑さんは、雛子と同じ30歳。キャラクターは違えど、同世代となる雛子が一喜一憂する様子を観ているわたしたちも、その等身大の姿に惹き込まれます。いつも一生懸命な雛子をより魅力的に見せる高畑さんは、キュートですよね。

以前、『ムチャブリ!』の前の時間枠で放送されているバラエティ『今夜くらべてみました』(日本テレビ系 毎週水曜 午後9時)に、ドラマのPRで高畑さんが出演された際“謎特技”として、韓国ドラマのキスシーン考察が紹介されました。な、なんと、筆者が敬愛してやまない、韓国トップスター俳優コン・ユさんのエピソードを話していて、ビックリ。

番組ではコン・ユさんを「10年以上前からファン」と公言した高畑さん、きっとコン・ユさんの出世作となった韓国ドラマ『コーヒープリンス1号店』(2007年)を2012年に日本版ミュージカルとして上演した際、高畑さんがヒロイン役を演じていたので(ドラマのコン・ユさんの役は山崎育三郎さんが演じていました)そのあたりからお好きなのかも。

でもまさか、日本の地上波でコン・ユさんの映画『あなたの初恋探します』(2010年)やドラマ『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』(2016年)のキスシーンが観られるなんて! 高畑さんありがとう!! と思ったのでした。続いては、そんな高畑さんが演じている雛子を取り巻く、イケメンたちに迫ります!

1 2