【加湿器】女性の大敵、乾燥を撃退!加湿器は何式を選べば正解?

【加湿器】女性の大敵、乾燥を撃退!加湿器は何式を選べば正解?

乾燥が気になり始めるこの季節。お肌のケアや風邪予防のためには、加湿器が欠かせません。加湿器とひとくくりに言っても、その加湿方法はさまざま。大きくわけると4つがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

メリット・デメリットを知り、自分に合ったモデルを選ぼう

●スチームファン式
やかんでお湯を沸かすように、ヒーターで水を沸騰させて、その蒸気で加湿をするタイプ。
長所は、加湿スピードが速くて、短時間で部屋の湿度を上げられること。また、蒸気が目に見えるので「加湿している感」があり、水を加熱するので衛生的なのもよし。しかし、加熱に電力を使う分、消費電力が他に比較すると大きいデメリットもあります。送風口が熱くなりやすいので、小さい子どもがいる家庭では注意が必要。

●気化式

水を浸透させたフィルターに風を当てて、気化(蒸発)させて加湿するタイプ。
送風だけなので、電気代が安い&消費電力が小さいのがポイント。リビングなど、長時間過ごす部屋に設置すると、節電・節約になるかも。ただ、加湿が始まるまで、少し時間がかかります。また、水から雑菌が繁殖しないように、フィルターの定期的な手入れや交換が必要。吹き出す風が冷たいのも、これからの季節にはきびしいところかも。

●ハイブリッド式

気化式にヒーターを積んだタイプ。
湿度が低い時は、水を浸透させたフィルターに温風をあててパワフルに加湿。湿度が高くなったらヒーターをオフにして、気化式の加湿方式で湿度をキープしてくれる。消費電力と加湿スピードは、スチーム式と気化式の中間くらい。省エネもとスピード、どちらも欲しい人にはオススメ。短所は、気化式と同じく、定期的にフィルターの手入れや交換をしなくてはいけないこと。

●超音波式

水を超音波振動によって微細なミストにして、それをファンで吹き出すタイプ。
消費電力が少なく、比較的コンパクトで安価、デザインに凝ったものが多いのが特徴です。水に雑菌が繁殖しないように、使わないときに水を貯めたままにしないなど、タンクを清潔にしておく必要があります。最近は、除菌機構を搭載して衛生面を意識したモデルもありますが、安価すぎる商品には注意が必要。

▼今冬も新作が続々登場! ユニークな特徴を持つ新製品をチェック

1 2 3
恋愛講座 貧困女子 浮気事件簿 不倫 キャリア アラサー 恋愛 婚活 占い 時短 結婚 セカンド 浮気 アラフォー その1 恋愛運 金運 運勢 アプリ 美人探偵
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。