故障や紛失、機種変更に備えて、iCloudでiPhoneのバックアップをしよう!

故障や紛失、機種変更に備えて、iCloudでiPhoneのバックアップをしよう!

スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(www.iphonejoshibu.com)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。これまでのスマホよろず相談はコチラ

iPhoneを落として故障させてしまったり、紛失してしまったりと、突然のトラブルで一番心配なのは、写真や連絡先などのデータが無事かどうか。また、機種変更をする際にも、データの引き継ぎが無事にできるかは気になるところです。そこで、iPhoneのバックアップについてご紹介。今回は、パソコンが必要ない、iCloudを使ったバックアップ方法を解説します。

バックアップをしていないと、iPhoneのトラブル時にデータが全てなくなってしまう可能性も。

iCloudを使って、iPhoneのバックアップをしよう

iPhoneのバックアップを行うには、2つの方法があります。1つは、パソコンを使って「iTunes」でバックアップをする方法。もう1つは、「iCloud」を使う方法です。

「iTunes」の場合はパソコンが必要になりますが、「iCloud」の場合はパソコンを使う必要がなく、手軽に行なえるのがメリットです。

iCloudでバックアップをするには、「設定」を開いて、一番上のユーザー名部分をタップし、「iCloud」を開きます。

「設定」を開き、ユーザー名をタップして、「iCloud」をタップします。

iCloudのページでは、バックアップを取りたい項目をオンにしておきましょう。筆者の場合は、普段使っている「写真」「メール」「連絡先」「カレンダー」「メモ」などをオンにしています。データを保存しておく必要がないものはオフにしておくと、容量が抑えられます。
バックアップを行なうには、このページを下へスクロールして、「iCloudバックアップ」をタップします。

iCloudを開いたら、下へスクロールして、「iCloudバックアップ」をタップ。

「今すぐバックアップを作成」をタップすると、終了までの時間が表示されて、バックアップが始まります。すべて終わるには時間がかかるので、しばらくはiPhoneを使わないタイミングに、電源に繋げてWi-Fi環境で行なうのがおすすめです。

「今すぐバックアップを作成」をタップすると、バックアップが開始されます。

このように手動で行なうこともできますが、「iCloudバックアップ」をオンにしておくと、iPhoneが電源に接続されロックされている状態で、Wi-Fiが繋がった時に、自動的にバックアップが行なわれます。いちいち手動で行なう必要がないので、ここをオンにしておくのがおすすめです。

そして、新しいiPhoneに買い換えたら、最初の設定の段階で「iCloudバックアップから復元」を選ぶと、バックアップをしていたデータが復元されます。

新しい機種の電源を入れて、「こんにちは」から始まる設定で、復元を行ないます。

1 2
恋愛講座 婚活 浮気事件簿 貧困女子 恋愛 金運 恋愛運 占い 美人探偵 アラフォー セカンド 不倫 アプリ その1 運勢 時短 浮気 結婚 アラサー キャリア
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。