発火事故などのトラブルに遭わないために。モバイルバッテリーの正しい選び方&扱い方

発火事故などのトラブルに遭わないために。モバイルバッテリーの正しい選び方&扱い方

スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(https://www.iphonejoshibu.com/)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。これまでのスマホよろず相談はコチラ

お悩み
数年前に購入したモバイルバッテリーをずっと使っていますが、発火事故などをニュースで見ると、自分のモバイルバッテリーも大丈夫か気になります。注意点を教えてください。

今や、スマホの定番アクセサリーとなったモバイルバッテリー。外出先などどこでもスマホの充電ができる便利なアイテムです。しかしここ数年、モバイルバッテリーの発火事故のニュースを頻繁に目にするように。毎日モバイルバッテリーを持ち歩いて使っている人にとっては、発火事故などのトラブルは他人事ではありません。そこで、発火事故などのトラブルに遭わないように、モバイルバッテリーの選び方や使い方の注意点をご紹介します。

■今使っているモバイルバッテリーをチェック!

まずは、今お使いのモバイルバッテリーがリコール対象製品でないかをホームページなどで確認しましょう。また、モバイルバッテリーには寿命があります。使用頻度や充電する頻度にもよりますが、一般的な平均寿命は500回の充電サイクルと言われています。これは1日1回、モバイルバッテリーを充電して使用したとすると、1年〜1年半ぐらいで寿命がやってくることになります。

容量の大きいものから小さなものまで、使い方によって選びましょう。

モバイルバッテリーの寿命がくると、以下のような症状が出てきます。このような症状が出た場合は、新しいものに買い換えると安心です。

・フル充電するのに、以前よりも時間がかかるようになった
・フル充電しても、スマホのバッテリーを半分程度しか充電ができない
・モバイルバッテリー本体が熱くなってしまう
・モバイルバッテリー本体が膨らんできた

モバイルバッテリーに使われているリチウムイオンは熱を持ちやすいと言われています。とくに、本体がアツアツになったり、膨らんでくるような場合は、今すぐ使用をやめるようにしましょう。

新たに買い換える場合は、PSEマークがあることを必ず確認してから購入するようにしましょう。発火事故が多発したことを受けて、2019年2月1日からモバイルバッテリーは電気用品安全法(PSE法)の規制対象となりました。これによって現在は、「PSEマーク」を取得した製品以外は製造や販売はできなくなっています。

新規購入時は、こちらのPSEマークがあることをチェックしましょう

1 2
美人探偵 金運 不倫 浮気 恋愛講座 恋愛運 占い 恋愛 セカンド キャリア 時短 運勢 アプリ その1 アラサー 婚活 結婚 貧困女子 浮気事件簿 アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。