【災害関連アプリ】9月1日は防災の日! 震災時に絶対役立つアプリはこの6つ

【災害関連アプリ】9月1日は防災の日! 震災時に絶対役立つアプリはこの6つ

スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(www.iphonejoshibu.com)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。

第3回目のお悩み:震災時、使えるアプリや小ワザを教えて!

9月1日は防災の日。そして、東日本大震災からもうすぐ6年と半年が経ちます。しかし、震災から時間が経ってしまうと、防災に対する意識も少しずつ低くなってしまうもの。防災の日をきっかけに、もう一度震災について考え直してみませんか?

今回は、オフラインでも使える災害関連アプリや、情報収集に便利なアプリをご紹介します。

 

①現在地から近くの避難場所を探そう!

大きな災害が起こったら、まずは安全確保を! 今いる場所や自宅が危険な場合は、安全な避難所へ行きましょう。避難所ガイドアプリがあれば、あらかじめ自宅近辺の避難所を確認しておいたり、現在地から周辺の避難所を検索することができます。

防災情報 全国避難所ガイド(無料)

「ここへの道順」をタップすると、ナビゲーションがスタート。

「全国避難所ガイド」では、トップ画面で現在地の災害情報や地震情報が随時更新されているので、いち早く災害情報をキャッチ。さらに、現在地周辺の避難所がマップ上にピンで表示され、避難所までの道のりや施設がある場所の標高を知ることができます。また、安否情報の登録や確認ができるので、家族間の安否確認にも便利。以前検索した履歴が保存され、オフラインでもマップが使用できます。

 

かならず帰る(無料)

目的地は複数登録でき、自宅近くの避難所を登録しておくのもおすすめ。

アプリに自宅を登録しておくと、現在地から自宅までの方向をコンパスで示してくれる「かならず帰る」。目的地までの距離やおおまかな所要時間を示してくれます。コンパスが向く方向は直線距離からのものなので、正確というわけではありませんが、大きな幹線道路を歩いて帰宅する場合は、大まかな方角が分かれば十分。慌てている状況では、マップで細かく確認するのは大変ですが、シンプルなコンパスアプリなら簡単操作で安心です。目的地を登録していれば、オフライン時でも使用できます。

1 2 3 4

プロフィール

女子部JAPAN(・v・)

2010年、かわいくて簡単なiPhoneの説明書『はじめまして。iPhone』の出版を機に「iPhone女子部」を結成。

現在は、iPhoneだけにとどまらず、女子が気になる「初体験」ができる部活型コミュニティ「女子部JAPAN(・v・)」として、全国28,000人の女子部員を対象にWebでの情報配信とほぼ週1でイベント(=部活)を開催中。

CITRUS 時短 アラサー 恋愛 アラフォー iPhone 占い アプリ 恋愛講座 浮気事件簿 美人探偵 派遣女子 派遣 婚活 貧困女子 ダイエット 結婚 レシピ 金運 仕事
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!