iPhoneの中身を使いやすく整理整頓!画面をスッキリ見せる5つの整理術

iPhoneの中身を使いやすく整理整頓!画面をスッキリ見せる5つの整理術

スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(www.iphonejoshibu.com)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。

第14回目のお悩み:iPhoneの画面がアプリでいっぱいになり使いにくいです。上手な整理の方法を教えてください。

みなさんは、iPhoneの中身、きちんと整理していますか?アプリをダウンロードしたままになっていると、何画面にもまたがってアプリが並び、いざ使おうと思っても目的のアプリをすぐに見つけ出すことができません。画面がごちゃごちゃ散らかっていると、頭の中も混乱してしまうかも!?そこで今回は、iPhoneの画面整理術をご紹介!ちょっとしたコツで、画面をもっと使いやすく、スッキリ見せることができます。

<その1>Dockには自分が一番使アプリを置こ

iPhoneの画面で、一番下の4つはDockという場所。ここは画面を移動しても、4つのアプリは固定で表示されます。つまり、自分の中で一番使用頻度が高いアプリを置いておくのがベスト!

一番よく使うアプリは、右端や左端などに置くとタップしやすいです。

たとえば、「写真」や「LINE」など、よく使うアプリをここに移動させておけば、いつでも素早くアプリを起動させることができます。 また、Dockにはフォルダを置くこともできるので、ひとつはフォルダを置いておくのもいいかも。TwitterやFacebookなど、よく使うSNSをひとまとめにしておくのもいいですね。

<その2>フォルダを使ってジャンル別に分類!

iPhoneの画面には、たとえばiPhone 8の標準のアイコンサイズであれば、一番下のDockと呼ばれる4つの固定アプリ以外に、1ページに24個のアイコンが入ります。

アプリが増えてくると、画面数もどんどん増えていき、目的のアプリを見つけるだけでもひと苦労!私の場合、アプリだらけの画面が10ページもありました。そこで、フォルダを活用すれば、1ページの中によりたくさんのアプリを収納することができます。 フォルダの作り方はとっても簡単!まずは、どれかひとつのアプリを長押しすると、アプリがふるふる震えます。その状態で、同じフォルダに入れたいアプリに重ねると、フォルダが作成されます。

アプリをふるふる震わせて、指でドラッグしてアプリ同士を重ねます。

フォルダには勝手に名前が入ってしまうので、自分がわかりやすいフォルダ名に変更してみましょう。たとえば、「料理」「交通」「美容」など、アプリのジャンル別にフォルダを作るのがおすすめ。この時、ジャンル名にぴったりの絵文字を使うと可愛いし見やすかったりしますよ。

一度フォルダを作っておけば、後からアプリを追加して整理することができます。

1ページ目は、基本的なデフォルトアプリ(もともと入っているアプリ)や、よく使うSNSアプリなどをまとめておくと使いやすいです。また、使用頻度が高いアプリは、フォルダに入れない方が使いやすいですね。そして、2ページ目以降はフォルダを使って整理するのがベスト!

アプリやフォルダは、自分の使いやすい場所に配置しましょう。

フォルダを使うと、画面はかなりスッキリしました!標準サイズのアプリだと、ご覧の通りにけっこうな量のアプリが収納できます。10ページを占領していた私のアプリも、最終的には4ページに収まりました。

1 2
iPhone アプリ 浮気事件簿 金運 恋愛講座 美人探偵 婚活 貧困女子 派遣 CITRUS ダイエット アラフォー 仕事 恋愛 派遣女子 レシピ 時短 アラサー 結婚 占い
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!