スマホネックやスマホ腱鞘炎、ドライアイなど、カラダの不調はスマホの使い方に要注意!症状を改善するための3つの方法!

スマホネックやスマホ腱鞘炎、ドライアイなど、カラダの不調はスマホの使い方に要注意!症状を改善するための3つの方法!

スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(www.iphonejoshibu.com)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。これまでのスマホよろず相談はコチラ

第24回目のお悩み:スマホの使い過ぎなのか、最近肩こりや首の痛みがひどいです。何か対策やスマホの使い方の注意点はありますか?

首の痛みや肩の痛みは、頭痛を引き起こすことも多く、仕事や日常生活に支障がでることも。

みなさんは、1日のうちスマホをどのぐらいの時間使っていますか?手持ちぶさたでついつい手に取ってしまい、ちょこちょこスマホを使ってしまうようであれば、1日の合計時間はけっこう多いかもしれません。

スマホは便利で楽しいツールですが、その一方で、使い過ぎによるカラダへの悪影響は少なからずあるはず!最近、肩こりや首の痛み、頭痛、目の疲れ、手の痛みなどに悩まされてはいませんか?それって、スマホの使い過ぎが原因かも!?そこで、スマホが原因で引き起こるカラダの不調とその対策についてご紹介します。

肩から上の痛み……。スマホネックは『姿勢の改善』と『ストレッチ』で防ぐ!

肩がずっと張っている感じがあったり、首が凝っていて痛みがあったり、それによる頭痛が続いていたり……。そんな症状が長く続いているようなら、スマホを使っているときの姿勢を確認してみましょう。

スマホを使用しているとき、ぐっと下を向いた状態で長時間いじってはいませんか?電車の座席に座っていたり、イスに座った状態でスマホを使うと、どうしても首が下を向いた姿勢になってしまいます。この姿勢、実は首の筋肉に大きな負担がかかっているそう。頸椎や神経を圧迫して、首や肩を中心に痛みが出てしまうのです。この状態のことを、いわゆる「スマホネック」と呼ぶそうで、首を上向きにして天井を見上げる動きがしにくい場合は、スマホネックの可能性があるとか。この症状が悪化してしまうと、それ以外にもさまざまな症状が出る場合があります。そうならないためにも、日頃からスマホを使う時の姿勢には気をつけましょう。

スマホやパソコンを使うときは、腕や首を中心にストレッチをするといいそう。

さらに、スマホをうつむいた姿勢で使い続けると「猫背」の状態になっていて、バストが垂れたり小さくなったり、ぽっこりお腹になってしまったり……。また顔が下向きだと、ほうれい線が目立ってしまいます。そして何より、猫背で歩いている姿は美しくない!うれしいことなんてひとつもないはずです。

「スマホネック」や「スマホ猫背」にならないためには、スマホやパソコンの長時間使用はなるべくさけて、適度にストレッチをしましょう。また、お風呂にゆっくり浸かって、首や肩の血行をよくすることも効果があるそうです。また、スマホを使う時には目の高さまで持って来て操作するようにすると、姿勢改善にもなります。

1 2
レシピ iPhone 浮気事件簿 CITRUS 派遣女子 恋愛講座 恋愛 婚活 ダイエット 運勢 結婚 アラサー 時短 金運 アプリ アラフォー 派遣 美人探偵 貧困女子 占い
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!