ネットバンキングにネットショッピング……安全に使うにはどうしたらいいの!?

ネットバンキングにネットショッピング……安全に使うにはどうしたらいいの!?

スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(www.iphonejoshibu.com)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。これまでのスマホよろず相談はコチラ

ネットバンキングを利用する時は、正規のアドレスかどうか確認しましょう。

みなさんは、ネットバンキングやネットショッピングを普段から利用していますか?わざわざお店や銀行に行かなくても、ちょっとした空き時間に買い物や銀行の取引ができたりと、何かと便利ですよね。でも、ネット上でお金のやり取りをする以上、セキュリティー管理はしっかりしたいものです。そこで、スマホやパソコンなどのセキュリティーに詳しい、株式会社FFRIの金居さんにお話をお聞きしました。前回の記事はコチラ

銀行のID・パスワードはタイピングごと盗まれる!?

お話を伺った、株式会社FFRIの金居良治さん。

――前回のお話で、街の無料Wi-Fiを使っている時に、ネットバンキングやネットショッピングなど、お金のやり取りはできるだけ避けるのがベスト、というお話でしたね。自宅など安全なWi-Fi環境での通信で、ブラウザのアドレスバーに鍵マークが表示されていれば安全ということでしたが、他にも気をつけるべきことはありますか?一時期、銀行のフィッシング詐欺の被害をよく耳にしましたが……。

「銀行を狙った攻撃というのは、今でも多いんです。フィッシング詐欺は、メールを送ってキャンペーンなどを装い、そっくりに作られた偽サイトに誘い込みパスワードを盗む手口。他にも、タイプミスをしてしまった検索結果に、それらしい銀行名のサイトがあるのでクリックすると、実は偽サイトだったということも。偽サイトと気づかずにログインしてパスワードを盗まれるという手口もあります」

――ブラウザのアドレスバーに鍵マークが出ていれば安全ですか?

「メガバンクのサイトは、ほとんどがSSL化されていて、アドレスバーに鍵マークがあると思います。ただし、偽サイトでもSSLを取得している場合もあるので、必ずしも安全かどうかは分からないんです」

――そうなんですね。見た目にそっくりだと、なかなか気づかないですよね。何か気づくための対策はありますか?

「銀行のサイトを開いた時に、その銀行の正しいアドレスかどうか、綴りを確認するのもいいですね。あとは、銀行名をその都度入力して検索している人は、正規のアドレスと確認したものをブックマークなどにあらかじめ入れておくと、タイプミスの手口で被害にあうことはないでしょう」

――偽サイトに誘い込まれると、どういった被害を受けてしまうのですか?

「銀行の場合は、タイピングが盗聴されていて、ログインしたパスワードをそのまま盗まれてしまうんです。それで、口座の預金などが勝手に引き出されてしまうなどの被害にあうということが考えられます」

――怖いですね……。銀行のパスワードを盗まれてしまうと、どうにもならないんですか?

「被害にあったらすぐに銀行に連絡し、補償(※)について相談してください」

※全国銀行協会から「預金等の不正な払戻しへの対応」について(https://www.zenginkyo.or.jp/topic/detail/nid/2933/というお知らせが出ています。「インターネットバンキングによる預金等の不正払戻しについては、銀行に過失がない場合でも、預金者自身の責任によらずに遭った被害については、補償を行う」というものです。

――スマホとパソコン、安全性に違いはありますか?

「フィッシュング詐欺でいうとあまり違いはないですが、タイピングを盗聴してパスワードを盗むという手口は、パソコンの方が圧倒的に多いです。例えば、パソコン自体が感染していた場合に、銀行の正規のサイトにアクセスしているにも関わらず、途中でパスワードなど入力を求める画面が突然出てきて、それが悪意のある第三者による盗聴だということもあります。こういったケースは、端末が感染しやすいWindowsが圧倒的に多いようです」

出典元:http://www.bk.mufg.jp/info/phishing/ransuu.html

 

1 2
アプリ 婚活 占い 結婚 派遣 アラフォー 金運 不倫 恋愛 恋愛運 貧困女子 セカンド 運勢 iPhone 浮気事件簿 派遣女子 美人探偵 恋愛講座 アラサー 時短
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!