セルフィーの達人に聞きました!スマホで“盛れる”自撮りを撮る5つのコツ

セルフィーの達人に聞きました!スマホで“盛れる”自撮りを撮る5つのコツ

スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(www.iphonejoshibu.com)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。これまでのスマホよろず相談はコチラ

自撮りをすると、いつも写真写りがイマイチ……なんてことはありませんか?実物の自分より、ちょっぴり“盛れた”自撮り写真を撮りたいのが女子のホンネ。そこで、セルフィーをこよなく愛する、セルフィースマホ研究家の富永彩乃さんに、キレイに自撮りする5つのコツを伺いました!

今回お話を伺った、セルフィースマホ研究家の富永彩乃さん。http://ayanotdo.com/

<その1>グッと手を伸ばして、目線より上から撮る!

手でスマホを持つときは、手ブレしないのが鉄則!

「女子にとっては基本だと思いますが、スマホは目線よりもちょっと上に構えます。画面を見て顔の向きを動かしながら、自分が一番かわいく写る角度を探しましょう。この時に、スマホカメラのビューティーモードを使うと、すでにキレイに修正されている自分を見ながら写真を撮影できるのでオススメです」(彩乃さん)

スマホを手で持って撮影するときは、目線よりも上で構えるのが女子の基本。角度は自分の好みですが、45度ぐらいのところで構えるのがおすすめです。上を向くことで、目をいつもより大きく見せる効果も期待できるかも?
スマホをしっかり指で固定しながら、シャッターを切ります。画面内のシャッターでは手ブレしてしまう場合は、音量ボタンがシャッター代わりになる機種であれば、それを利用してみてもいいかも。

スマホでの自撮りは、自在に角度を微調節できるところ。

<その2>自撮りの幅を広げるなら、セルフィースティック!

スティックの長さを調整すれば、自撮りの自由度も増します。

手でスマホを持っての撮影だと、どうしてもできることが限られてしまいます。そこで、自撮りをもっと楽しみたいならセルフィースティックの出番!手でスマホを持つよりもさらに上から撮影することができます。

こんな風に撮影します。

たとえば、スティックを持っている手を自然に隠せば、誰かに撮ってもらっているようにも撮影できるし、リモコン付きの自立タイプであれば、遠目からの自撮り写真も楽しめます。

セルフィースティックを持つ手を上手に隠せば、自然な写真に。

走りながら、実は手にリモコンを持ってパチリ。

「たまに、撮ってあげますよ〜なんて言われますが、自分のタイミングで自分の好きなように撮りたいから、セルフィースティックで撮っちゃった方が手っ取り早いです!笑」(彩乃さん)

また、大勢で自撮りをしたい場合は、ワイドレンズが入っているスマホが便利。手軽に背景入りの自撮りが撮影できるので、旅行先などで重宝します。ただ、ワイドレンズで気をつけたいのが、端の人の顔が歪んでしまうこと。『サムスン』の機種であれば、その輪郭補正も可能です。

「ワイドレンズがない場合は、セルフィースティックで撮影できますよ。スティックを長く伸ばして使えば、よりたくさんの人と写真が撮れます。でも、女子はとりあえず真ん中を死守しますけどね!」(彩乃さん)

1 2
浮気事件簿 美人探偵 アプリ 金運 運勢 恋愛講座 恋愛 アラサー 派遣女子 不倫 結婚 婚活 セカンド iPhone 派遣 アラフォー 時短 占い 貧困女子 恋愛運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!