占い 人気占い師 ルーシー・グリーンが占う2020年!仕事、恋愛、結婚……幸せを掴む行動とは?

2019年も残すところあと少し。堅実女子の皆さんの2019年はどのような1年でしたか? 星の動き方で見ると、なんと黒船が日本に来た時と同じ星回りだったそう。平成から令和に時代が移るなど、大きな変化がありましたよね。そして迎える2020年、星の動きからどんな1年になるのか、今をトキメク人気占い師のルーシー・グリーンさんに伺ってきました。全体の星の動きを聞いた後には、星座別の運勢もたっぷりと占っていただきましたよ!ぜひどちらもチェックして、来年の目標を立てる時などの参考にしてみてください。

占い師・ルーシー・グリーン さん。

☆プロフィール☆
占い師・ルーシー・グリーン LUCY GREEN
主な占術は星占いとタロットカード。ファッション誌など各種メディアでの運勢ページを担当している人気占い師。自身のブログやTwitterではノリのよさと、ほとばしる愛の言葉で迷える女子たちを指南していることでも話題に。占いを通して、自分自身を肯定し、豊かな人生を創りだす幸せを伝えることをモットーにしている。
https://www.lucygreen.jp/

ラッキーなのは昔からあるもの。色はパステルよりもシックに!

――2020年はズバリ、どのような1年になりますか?

「2020年の1年の運勢は、1年に1度だけ星座を移動する木星という星を主に使って占います。木星は2019年の12月頭から2020年の12月終わりごろまで、山羊座に滞在します。その影響で、山羊座のテーマである社会性が全星座にとって大事になってくる1年だと思います。これまで自分はどうしたいのかと主観的に考えてこられた人は、ここから社会の一員として、どうしたいのかを客観的に考えなければならない1年になっていくでしょう」

――木星が1年で移動するということですが、木星はどういう影響がある星なのですか?

「“拡大”、“発展”という、星占いの中ではラッキースターといわれる星です。幸運になっていくように促してくれるのですが、人は幸運になる前には、環境を変えることなど、新しいことに挑戦するのが怖いという気持ちが芽生え、立ち止まってしまう人が多い。その立ち止まりを木星は背中を強く押すのです。私は『木星にケツバットされる』と例えるんですが、待ってくれないんですよ。勇気を振り絞らなければならないことが出てくるでしょう。

2020年は、木星が山羊座のテーマである社会性に関連するので、仕事についての変化をもたらします。キャリアアップをするかどうかで立ち止まった場合は、今の職場環境が居づらいものになってしまうことも……。背中を押されるように、前いた環境から出されることが起きるかもしれません

――木星はラッキースターとのことですが、他に悪い影響を及ぼすことはないのでしょうか?

「拡大、発展は、“広がる”ということを意味していて、それは“無茶をする“ことにつながることもあるでしょうし、生まれ星座には寄りますが、“体重が増える“などもあります」

――山羊座のテーマは他に与える影響はありますか?

「どの星座もキャリアアップしていける1年にはなるんですが、頂点に立つことで人を顎で使ってしまうような、高圧的な感じが出やすくなります。そういう態度は実力をともなっていたり、論理的に必要であればいいのですが、ただ単に威張っているだけになると、後々敵が増えてしまって足を引っ張られたり、仲間にそっぽを向かれたりすることにつながります

――運を上げる行動などはありますか?

「山羊座のテーマの中には、“伝統”を意味するものもあります。茶道、華道、陶芸、歌舞伎など、古い伝統があるものに触れるといいでしょう。神社仏閣の参拝でも、歴史を探るなど、建築物を重んじる行動をするといいですね。また、年賀状を出すのもいい行動です。お正月に着物を着てみることもオススメです」

――取り入れるといいものはありますか?

「色でいうと、黒や深緑、茶色あまり派手じゃない、シックな色がいいでしょう。これも山羊座の抑制というテーマが影響しているもの。絶対使ってはいけないというわけではないんですが、赤色を使うときは少し明度を落としたり、カジュアルというよりもクラシックな雰囲気で使うことをおすすめします。全体的には、明るい色よりシックな色のほうがいいでしょう。

他にも、皮製品、ウイスキーなどです。服装はトラッド系などの正統派がいいでしょう(※トラッドスタイルとは、「伝統的な」時代に左右されない普遍的な服装を指します)。

今まで受け継がれてきたものの良さを再確認する年になるので、ブランドの復刻盤が再流行するなども起こるかもしれません。アンティークの家具など、全体的に本物志向を心がけるといいでしょう」

伝統を重んじた行動が吉!

1 2