占い いよいよ2020年!スケールの大きな転換がありそう!?鏡リュウジさんが教える、12星座の運勢

いよいよ2020年が始まりました!いよいよ東京オリンピックが開催されますが、世の中は、そしてあなたの運勢は一体どうなっていくのでしょうか?Suits WOMANでも様々な占いを紹介していますが、どの占いも今年は「大激変」「変化」という言葉が見受けられます。これらが意味することは……?占星術といえばこの方、鏡リュウジさんにお話を伺いました!

☆☆☆

いよいよ2020年!2020年は本当に特別な年になりそうなんです!オリンピックイヤーだから?もちろん、それもあります。
でも、星の上ではもっとスケールの大きな転換のタイミングだとされているんですよね。

 鍵になるのは木星と土星。太陽系の中で最大級の大きさを誇るこの二つの星は20年ごとにホロスコープの上で接近します。この20年ごとの接近は、社会のしくみの変化とシンクロするとされてきました。しかも20年の接近はさらに特別。過去およそ200年の間、木星と土星は占星術上で「地の星座」で接近していたのですが、これからの200年は「風の星座」での接近へとシフト。つまり過去200年ほど続いた「物質と所有」(地)の時代から「自由と情報と多様性」(風)の時代へと変わり目になるのです。AIやキャッシュレスの台頭はその兆候かもしれません。
 
もっともそんな大きな変化は、数年から10年以上かけて起こるもの。20年のうちは地の時代のラストを飾るように、古い伝統の復活や環境問題が大きな注目を浴びることもあるでしょう。なんだかんだ言っても、僕たちが立っているのはこの「大地」であり現実。地球や自然のことをもう少し深く感じることが出てきそうです。

山羊座は「地」の星座。真面目、堅実、伝統…とキーワードも地に足がついていて、浮ついていないところが特徴。

 まずは地の星座、火の星座について→次のページへ

1 2 3