占い 【ワンルーム風水】引っ越すなら開運物件!条件は「道路から遠く、学校や公園から近い」こと

避けたいのは、坂。平らな土地を意識して、物件選びを

ところで、墓地や斎場などが見える物件はどうなのでしょうか。

samoさん「風水的には気にしなくていいと私は考えています。それよりも、地形に注意してください。坂の下にある家は、悪い気がなだれ込み、そこに停滞する可能性があるので避けた方がベター。また目の前が坂という物件も避けた方が無難。なぜなら、良い気が目の前を流れて行ってしまうからです」

ということは、近くに平らな土地があるところが良い物件なのですね。

samoさん「グラウンドがある学校、公園、広い神社などの近くはいいですね。気は平らな土地に鎮まっており、エネルギーがあります。ですから、家はなるべく平地にあるところがいいですね。あとは、低層階をおすすめします。というのも風水は昔の中国の考え方で、どれだけその土地からエネルギーを吸えるかを考えています。タワーマンションなどの高層階では、風水的にエネルギーが得られるかどうか未知数な部分があります」

<開運物件の5つの条件>

  • 幹線道路や線路から2ブロックくらい離れている。
  • 窓から個性的な建物が見えない
  • 近くに広い土地がある。
  • 平らな土地に立っている。
  • 階数はなるべく低い方がベター。

この5条件に着目して物件選びをすると、住んでいるだけで開運できる可能性が高まるとか。

samoさん「最後に、ロフト付きの物件は避けてください。風水的に運気が下がります。ロフトの上で寝て、下に水回りがあると健康運が下がります。体が健やかであってこその風水。今、ロフトの上で寝ているなら、水まわりがどこにあるか確認を。真上で寝ているなら位置をずらして。できれば、ロフトは物置にした方が無難です」

以上が、ベースを整える風水の考え方。次回は、恋愛運・仕事運・金運を上げる風水メソッドを教えていただきます。

『幸運を呼び寄せる!ワンルーム占い』(samo著 辰巳出版 1400円+税)

賢人プロフィール

 
samo
東洋占術を専門にする祖母・母の影響を受け、自身も風水や東洋占術を極める。占い師向けの講座を長年務めている。占い動画が人気となり注目される。現在は多くの人に開運のコツを広めている。最新著書に『幸運を呼び寄せる!ワンルーム占い』(辰巳出版)がある。

取材・文/前川亜紀

1 2