占い この画数が名前に入っていると結婚しにくい!?セルフ鑑定でチェックしてみよう【人生に役立つイヴルルド式姓名判断学】

名前の鑑定やプチ改名で自分を見つめ直したり、“呼び名”で人間関係を円滑にしたり、SNSのアカウント名をラッキー画数にしてビジネスに活かしたり。イヴルルド遙華さんが提唱するオリジナルの姓名判断は、その知識を人生に幅広く役立たせることができます。もうすぐ2020年も終了! そんな節目に堅実女子の皆さんに向けて、人生に役立つイヴルルド式姓名判断学を全5回にわたってお届け。来年1年、よりよく生きる準備を今からしていきましょう!

第3回目は「名前のセルフ鑑定方法」を紹介します。

☆☆☆

俳優の菅田将暉さんを鑑定してみると…

突然ですが、俳優の「菅田将暉」さんの名前を鑑定してみましょう。

フォーチューン アドバイザーのイヴルルド遙華さんは、独自のデータ分析による姓名判断、オリジナルのフォーチューン占い、タロットなどを基にしたポジティブなアドバイスを行い、多くの著名人からも信頼を寄せられています。

名前(フルネーム)の画数は総画数だけでなく、全部で5つ「画数を数える場所」(※下図1参照)があり、これをイヴルルド式姓名判断では「エレメント」と呼んでいます。また画数にはそれぞれ示す運気」(※下図3参照)があるのですが、その運気の吉凶を「スーパーウルトラ大吉」から「スーパーウルトラ大凶」まで11段階に分類しています。(※下図2参照)

(図1)書籍『よい名前 悪い名前』(1400+税)より。

今をときめく、俳優の菅田将暉さんを鑑定してみると、総格は39画でウルトラ大吉、天格は16画でカリスマ大吉、人格は15画でスーパーウルトラ大吉、地画は23画でスーパーウルトラ大吉、外格は24画でスーパーウルトラ大吉と見事によい画数であることがわかります。

(図2)書籍『よい名前 悪い名前』(1400+税)より。

またさらに詳しくそれぞれの運気について調べてみると、総格は39画は「活躍運」、天格16画は「注目運」、人格15画は「人徳運」、地格23画は「独立運」、外格24画は「創造運」。人を惹きつける魅力があったり、センスや才能に恵まれていたり……と芸能人という仕事で輝くのにぴったりの運気なのです。

(図3)著書『よい名前 悪い名前』より。画数の詳しい解説については本書をご参照ください。

あなたの名前を鑑定してみましょう

名前(フルネーム)の中にある5つのエレメント(画数を数える場所)の画数をそれぞれ調べて、画数を示す詳しい運気の解説などを参照することでより詳しい鑑定結果が得られるのですが、ここでは簡易版としてあなたの名前の吉凶を実際に見てみましょう。

やり方は簡単です。フルネームの総画数を調べて、下記を見ながら自分の総格が11段階のどれかを調べてみましょう。

スーパーウルトラ大吉 6、15、23、24、31、47、63

ウルトラ大吉 11、32、33、37、39、41、45、48

カリスマ大吉 7、16、17

スター大吉 13

大吉 3、5、21、35、38、52、61、65、67、68

吉 1、8、18、53

半吉 57、58、71、73、75、77、78

半凶 30、40、49、50

凶 14、22、25、26、28、51、72、74

大凶 2、4、12、36、54、55、56、59、60、62、64、66、69、70、76、79、80

ウルトラ大凶 34、42、43、44、46

スーパーウルトラ大凶 9、10、19、20

※この中にない27画、29画は特殊画数となります。本文を参照ください。

もし余力のある人は、総格以外のエレメントも本書で調べてみてくださいね。

13画は大吉の中でも、「スター大吉」としてスペシャルな運気を持つ画数!

今回は簡易版として、単純に吉凶だけの鑑定方法を紹介しましたが、先述した通り名前には「よい」「悪い」だけでなく、その運気が持つ性質や特性があります。この種類の運気を把握することで、「お金持ちになりやすい」「人に好かれやすい」などと、プラスに働く画数があれば自分の武器にすることができます。例えば13画は大吉の中でも、「スター大吉」としてスペシャルな運気を持つ画数。そして運気の種類はトークセンス抜群の「話術運」。

もし、あなたの名前に13画があるのなら、営業職や接客業が向いているはず。もし違った職業でもトーク力を活かせる場面を積極的に引き受けたりすることで、評価につなげることもできます。

結婚したいのにできない…実は名前の運気が関係していたのかも

また「結婚したいのに、できない」という女性の画数を調べてみると、私の統計では必ずといって入っているのが27画と29画です。

この画数は特殊画数で本来ならば運気の種類はよく「頭脳明晰」を表しています。ところが、それがすぎて、仕事優先になって婚期が遅れてしまったり、自分でなんでもできてしまうがゆえに彼氏がヒモ化してしまうことも。結婚という選択肢を考えておらず、仕事一筋でバリバリやっていきたい人にとっては大吉画数ですが、そうでない人とって凶というわけなのです。

このように自分の名前を調べるだけでも長所生かせたり、自分の方向を定めたりすることができます。さらに細かくみていきたい人は、著書『よい名前  悪い名前』で運気の細かい解説などをチェックしてみましょう。もし悪い運気に気づけたのであれば、それを意識するだけで毎日は変わるでしょう。

名前を調べて長所を生かそう。

もちろん、プチ改名によって新しい運気を身につけることも可能。次回は「プチ改名のやり方」についてお話します。

イヴルルド遙華さんの新刊『決定版 今からできる画数チェンジ よい名前 悪い名前』(1400+税)では、自分の名前だけでなくSNSのアカウントや、呼び名、ブランド名など人以外の鑑定方法や、プチ改名や新規ネーミングのやり方を解説。姓名判断の知識を使えば人間関係の改善に役立てることも。ぜひ本書で良い運勢を引き寄せてくださいね。