占い 名前をひらがなやカタカナに変えるだけ!運気も変わる「プチ改名」の方法【人生に役立つイヴルルド式姓名判断学】

名前の鑑定やプチ改名で自分を見つめ直したり、“呼び名”で人間関係を円滑にしたり、SNSのアカウント名をラッキー画数にしてビジネスに活かしたり。イヴルルド遙華さんが提唱するオリジナルの姓名判断は、その知識を人生に幅広く役立たせることができます。そんな人生に役立つイヴルルド式姓名判断学を堅実女子の皆さんに向けて、連載にてお届け。年1年、よりよく生きるためのヒントを身につけましょう!

【人生に役立つイヴルルド式姓名判断学】これまでのお話

第1回目「240年続く“風の時代”に突入…コロナで激変していく世の中を生きるコツは?

第2回目「前が人生を左右するほどのパワーを持つ理由とは?

第3回目「この画数が名前に入っていると結婚できない!?セルフ鑑定の方法

これからの時代における名前の大切さ、名前の持つパワー、そして自分の名前の運気を鑑定する方法。これらがわかったところで第4回目は、よい運気を引き寄せるための「プチ改名」のやり方について説明していきます。

☆☆☆

名前の一部をカタカナやひらがなに!表記を変えるプチ改名のやり方

フォーチューン アドバイザーのイヴルルド遙華さんは、独自のデータ分析による姓名判断、オリジナルのフォーチューン占い、タロットなどを基にしたポジティブなアドバイスを行い、多くの著名人からも信頼を寄せられています。

改名というと、名前をまったく違うものに変える。そんなイメージを持つ人もいるかもしれません。しかし表記をひらがなやカタカナにしたり、漢字を1文字変えるだけでも運気は十分に変わります。ここでは表記だけを変えるプチ改名のやり方を紹介していきます。

やり方の手順は下記の通りです。

1 セルフ鑑定で自分の名前を調べる(第3回「セルフ鑑定の方法」をご参考ください)。

2 ひらがな、カタカナなど表記を変えて、総格を調べる。

3 それでよい画数が見つからなかったら、漢字を1文字変えるなどして総格を調べる。

4 総格がよくなったらそのほかのエレメントも調べる。総格がよくても、1文字画数を変えるとほかのエレメントにも影響が出るので、全体のバランスを確認。

【第3回「名前のセルフ鑑定方法」のおさらい】

名前(フルネーム)の画数は総画数だけでなく、全部で5つ「画数を数える場所」があり、これをイヴルルド式姓名判断では「エレメント」と呼んでいます。また画数には「それぞれ示す運気」があるのですが、その運気の吉凶を「スーパーウルトラ大吉」から「スーパーウルトラ大凶」まで11段階に分類しています。詳しくはコチラを読んでみてくださいね。

表記をひらがなやカタカナにするだけでも運は変わる!
1 2