占い ゲッターズ飯田さんに聞いた「お金が増える2018年の金運アップアクション」!キーワードは「3倍」!?

年末年始は忘年会や新年会、バーゲンと、なにかと出費が多いシーズン。財布や通帳を眺めては、将来が不安になってため息がでてしまう堅実女子もいるのでは?今回は『ゲッターズ飯田の裏運気の捉え方』(朝日新聞出版局)を出版したばかりのゲッターズ飯田さんに、2018年に金運アップするにはどうすればよいのか伺いました。

収入アップするキーワードは「3倍」!

「会社員の人が収入を上げるのはすごく大変なのですが、現在の仕事を3倍働いてください。時間じゃなくて効率よく3倍働くと、給料が上がります

3倍働く以外でもっといいのは、社長にだけ好かれてください。一点突破しかないんです。会社って、最高権力者である社長がすべてを決めているんですよね。そこにさえ好かれれば、一気にポイントを稼げるわけなんです。部長課長に媚び売って先輩に……というのは、論外なんです。社長が“この子いいね”と言った瞬間に、偉くなるんです」(ゲッターズ飯田さん・以下「」内同)

社長が金持ちの理由

「誰かを幸せにした対価がお金です。責任を背負うから、その対価が戻ってきているんです。

人の責任を背負えない人は、金持ちになれません。社長が金持ちなのは、社員の責任を背負っているからなんです。社長は、経営が良い時はいいけれど、倒産したら借金を背負うんです。こんなリスキーなことはありません。社員を教育してあげて、仕事を教えてあげて、お金あげているんですよ。だから、社長さんの考え方に徹底して沿うようにすれば、物事はうまくいくようになっているんです」

名刺交換で好かれるには?

「名刺交換をしたら、相手からこの人ともう1回会いたいなと思われないといけないんです。じゃあ、もう1回会いたい人って誰なのかというと、話の聞き役と相づち上手な人。自分の話をするなら、相手の話を三倍聞かなきゃならない。相手が“この本読んだらいいですよ”、“この映画、面白いんだよね”と言ったら、時間を作って本を読んだり、映画を観に行って、感想を送る。そうしたら、仕事に繋がります。絶対に勧められた本や映画は、次の日に観てください。それを繰り返していくと、相手の“自分のことを覚えていてくれた”という印象に残ります」

もう一度会いたいと思われるようにするには、きちんと話を聞くこと 。

1 2