占い 【真木あかり 幸せのヒント占い】12月の運勢 牡羊座、牡牛座、双子座、蟹座

日食からスタートする12月。新型コロナウイルスはいまだ私たちの驚異ではありますが、この頃になると世界的に、アフターコロナを見据えた動きが本格的に始まっていくでしょう。暮れも押し迫った29日には「幸運と拡大の星」と呼ばれる木星が、みずがめ座からうお座へ移動。仕事初めの頃には、世界を取り巻く空気も変わっているでしょう。今以上を目指して頑張っていることがあるなら、12月のうちにめいっぱい行動を起こしておいて。

牡羊座、牡牛座、双子座、蟹座の運勢をお届けします。

★牡羊座(3/21~4/20)

総合運

将来の見通しについて、少し迷いが生じるかも。ただ、ここで一度立ち止まるということは、順調である何よりの証拠。不安になった原因を探してみると、思っていたよりも状況は悪くないと思えることも多いでしょう。原因を突き止めたら解決に向けて全力を尽くしてみてください。問題はむしろヒントであることも多いはずです。

仕事運

前半と後半で運気が大きく変わります。前半はビジョンを広げ、後半は勝負を仕掛けていく時期。キャリアアップや転職、独立を目指しているのなら、良いスタートを切ることができそうです。身近な人から仕事をもらったり、最小限の形でオンラインショップを始めたりすることで、実現に向けて流れが加速していくでしょう。

恋愛運

恋は育む時間を大切にしたい時期です。19日以降は、愛を司る金星が「逆行」という動きを見せます。仕事が忙しくなったり、トラブルが発生したりして恋を優先している場合ではないということもあるでしょう。ただ、過去の仕事つながりの人と嬉しい再会をするなど、今後に期待できる出来事もありそうです。

今月のチャンスとピンチ

チャンスは友達が運んでくれそう。ピンチは知ったかぶりをしたときに訪れそう!?

今月の味方

基本的にポジティブな人

今月の敵

「これくらいでいっか♪」と妥協する気持ち

バイオリズム

上旬は絶好調。中旬以降は通常モードに。

★牡牛座(4/21~5/21)

総合運

対人関係において「神頼み」したくなるようなことが多かったのではないでしょうか。自分だけの問題ではなかったとしても、相手の顔色を伺いながら言葉を選ぶような場面もあったはずです。こうした状態から解放されるのは12月前半。視野が広がり「なんとかなる」と、前向きにものごとを捉えられるようになるでしょう。

仕事運

一年の「結果」が出るだけでなく、頑張ることが求められる1ヶ月。今年のうちにやれる事をしておくと、キャリアに良い影響を与えてくれるでしょう。多少無理をしてでも「やりきる」ことで、来年はより大きな目標を描けるはずです。月の前半はシングルタスク、後半はマルチタスクとモードを切り替えて過ごすと良さそうです。

恋愛運

この時期は、自分と相手の「違い」に惹かれやすいときです。容姿や声といった表面的なことよりも、性格や思想、趣味といった形のないものに心を動かされるでしょう。今までとは違うタイプの人が気になると言うことも多いはずです。月の後半になると、好きな気持ちが溢れるばかりに、自分らしさを見失うこともありそうです。

今月のチャンスとピンチ

チャンスは月の後半。いいヒントが見つかりそう。ピンチは19日前後。得意なことが、現状のままではダメだと気づくかも。

今月の味方

仕事がデキる人

今月の敵

過剰な食欲

バイオリズム

対人運を中心に好調なので高め安定をキープ。年末まで勢いよく走り抜けて。

1 2