占い 【真木あかり 幸せのヒント占い】牡牛座の2022年はどうなる?‟モード別”に紹介

2022年の星回りにおいて一番のポイントは、5月11日。「幸運と拡大の星」と呼ばれる木星が移動するのです。これにより、上半期では5月上旬までが世の中的に「共感」を良しとするうお座の季節、5月中旬以降は「挑戦」にスポットライトが当たるおひつじ座の季節です。

5月、気持ちの上で大きな変化が起こったり、印象的な出来事が起きたりする人は多いはず。そこを踏まえて、おさえておくといいポイントを今のあなたの“モード”別に考えてみました。特に「5月上旬までは〜」といった書き方をしていない人は、その移行がスムーズな人です。ご参考にしていただければと思います。

その他の星座はこちらからチェック!

★牡牛座(4/21~5/21)

さらなる発展を願う人

1月は何かと視野が狭まりやすい傾向があるのですが、それ以降は5月上旬まで、未来を思い通りに描いていけます。少し先の未来、自分はどんな笑顔で笑っていたいか、どんなふうに人に感謝されるのか、理想の姿を想像してみるといい波に乗れるでしょう。8月以降は収入面で前向きな動きが起こります。

発展よりも安定を願う人

気が置けない間柄の友人・知人と過ごす時間を多めに取ると、安定と発展のバランスがちょうど良くなる見通し。特に1月後半は、会社のOBや元取引先など、かつて仕事でつながりがあった人とふたたびご縁が生まれることも。「そういえばあのとき……」なんて話に、面白い発見があるかもしれません。

ペースダウンしたい人

人間関係を良くしたり、自分とゆっくり向き合ったりするにはいい時期です。1月、7月から8月にかけての時期などはバタバタしたり、やる気がもりもりと出たり、動きたくなる(動かなくてはならないことが多い)時期ですが、メリハリをつけてペースダウンしたい時期も大切にしていけると得るものが多いでしょう。

イラスト/suzuiro SAYA