占い 【真木あかり 幸せのヒント占い】蟹座の2022年はどうなる?‟モード別”に紹介

2022年の星回りにおいて一番のポイントは、5月11日。「幸運と拡大の星」と呼ばれる木星が移動するのです。これにより、上半期では5月上旬までが世の中的に「共感」を良しとするうお座の季節、5月中旬以降は「挑戦」にスポットライトが当たるおひつじ座の季節です。

5月、気持ちの上で大きな変化が起こったり、印象的な出来事が起きたりする人は多いはず。そこを踏まえて、おさえておくといいポイントを今のあなたの“モード”別に考えてみました。特に「5月上旬までは〜」といった書き方をしていない人は、その移行がスムーズな人です。ご参考にしていただければと思います。

その他の星座はこちらからチェック!

★蟹座(6/23~7/23)

さらなる発展を願う人

1月は愛やパートナーシップにおける見直しのとき。でも愛における理想や信念を持ち続ければ、この1月を経た絆はとてもとても強く、切れにくいものへと変わっているはず。5月中旬以降は仕事における強運期。望むキャリアを確実につかんでいける、チャンスが多く巡ってくるでしょう。

発展よりも安定を願う人

愛においては1月いっぱいが安定のカギに。自分のなかで生まれた「ホンネ」を、決してスルーしないことが大事です。一方、仕事においては5月上旬までが「掘り下げ」の時期。学びの機会を持ったり、仕事で抱えている難題を深く掘り下げたりすることで安定した状況を招くことができるでしょう。

ペースダウンしたい人

5月上旬まではその望みが叶えやすいとき……ですが、「ペースダウン」というよりは「やりたいことに没頭していたら、自動的にペースが落ちていた」というルートを通る人が多そう。知らない文化に夢中になったり、学びの機会を持ったりする人が多いだろうと思います。

イラスト/suzuiro SAYA