占い 【真木あかり 幸せのヒント占い】蠍座の2022年はどうなる?‟モード別”に紹介

2022年の星回りにおいて一番のポイントは、5月11日。「幸運と拡大の星」と呼ばれる木星が移動するのです。これにより、上半期では5月上旬までが世の中的に「共感」を良しとするうお座の季節、5月中旬以降は「挑戦」にスポットライトが当たるおひつじ座の季節です。

5月、気持ちの上で大きな変化が起こったり、印象的な出来事が起きたりする人は多いはず。そこを踏まえて、おさえておくといいポイントを今のあなたの“モード”別に考えてみました。特に「5月上旬までは〜」といった書き方をしていない人は、その移行がスムーズな人です。ご参考にしていただければと思います。

その他の星座はこちらからチェック!

★蠍座(10/24~11/22)

さらなる発展を願う人

5月上旬までは恋において、5月中旬以降は仕事において、それぞれ活気が出てきます。「進展」と呼べるような勢いはいつもあなたとともにあるのですが、1年のスタートは少々「くらし」がバタバタして落ち着かない様子。ただ、そんななかでもできることを着実に進めていくことで、いい1年にしていけるでしょう。

発展よりも安定を願う人

安定を願うなら年の後半が狙い目。コツコツと持ち前の粘り強さを発揮し、着実に課題をこなしていくことで「信頼」というプライスレスなものを得ることができます。年の前半は恋など楽しいことがいっぱいですが、そこで得たご縁も、年の後半にじっくり誠実に育てていくことになるでしょう。これまた「安定」への道です。

ペースダウンしたい人

なかなか活気がある年なので、ペースダウンしたくても結局ばたばたと忙しくなりそう。そんななかでも8月下旬からは、何かひとつのテーマに没頭し、集中力を発揮していく時期にあたっています。熱量は高くなるのですが、ひとつのことに集中する分、自然とその他のことのペースは落ちていくかもしれません。

イラスト/suzuiro SAYA