占い 【開運のコツ】ケンカ別れしたまま、亡くなった母に後悔……親不孝の罰は当たりますか?

“視える”人気占い師・流光七奈さんが、堅実女子の悩みにお答えし、開運にまつわるアドバイスをする連載です。

今回の相談者・桂木菜月さん(34歳・仮名・IT関連会社勤務)の悩みは、実のお母さんが、ケンカ別れしたまま亡くなってしまったこと。

「私は実家が鳥取県で、大学入学のために上京してから東京で生活しています。毎年、実家に帰ってはいたのですが、なるべく距離を置いていました……。その原因は私が結婚しないことと、実家に戻らないことを、母がうるさく言うことでした。私には兄が2人いて、それぞれ結婚しており、子供もいます。そういうこともあって『子孫繁栄は兄にお任せ』と思っていたのですが、母としては唯一の娘に幸せになってほしかったらしく、帰省するたびに『結婚、結婚』と言われていました。

それが正直うっとうしくて、『まあそのうちに』『お母さんが生きているうちには結婚するよ』などと返答していたのです。今年の正月に帰省した時、母があまりに『結婚はどうするの?子供はどうするつもりなの?』としつこく聞くので、『もういいよ、私の人生でしょ!ほっといて』と怒りに任せて言ってしまい、予定を切り上げて帰ってしまったのです。母も私も頑固だから、お互いにカンカンで、時々LINEで生存報告をする程度でした。

ところが、今年の2月に母に食道がんがみつかり、緊急手術。3月に予後が悪くて亡くなってしまいました。65歳でした。母は『人に迷惑かけたくない』という気持ちが人一倍強く、危篤になるまで私に連絡をすることを、『あの子はいま、仕事を頑張っているから』と、周りの家族に止めていたそうです。私が兄からの連絡で病院についたときは、母が息を引き取ってから2時間後でした。

母は何のメモや手紙も残しておらず、私に対して何を思っていたかわかりません。でも、私としては、最後に会った時にケンカ別れしてしまったことが、本当に気がかりなのです。母に対して、申し訳ない気持ちでいっぱいですし、親不孝した罰が当たるのではないかとも思います。それよりも、やはり母に対する後悔だらけです。母は何を思ってたか、そして今どうしているか、教えていただけますか?」

流光七奈先生のアンサーは……?

1 2