占い 武将好き女子。古戦場に行ってから、なぜか不幸が続いています【開運のコツ】今回の相談者は、山田杏奈さん(仮名・29歳・マーケティング会社勤務)。

捻挫などのケガ、うっかりミスなどは、心のダメージがとても大きいです。とても大変でしたね。早速ですが、その霊障のようなものは、古戦場からではありません。

まず、戦争や事故などでご本人が「命が尽きる」という自覚がなく、あの世に旅立ってしまった方の魂は、ご自身は死ぬことを理解できません。それゆえに、その場から離れられなくなってしまうことが多いです。

こういった魂を私たちはその方の自宅に連れ帰り、ご供養をして「あの世」にお送りしています。

しかし、これはなかなか難しく、例えば事故現場から自宅までの交差点に線香をお供えしたりと、線香を切らすことなく家に連れて帰るのです。

これは裏を返せば、そこまでしないと、魂はその場にとどまってしまうということです。ですから、あなたの家には、武将の霊などはいません。

しかし、その不幸の連続……偶然ではないかもと霊視したところ、あなたの彼の前の彼女という方が「結婚が決まった彼とあなたが不幸になればいい」と生霊を飛ばしていることがわかりました。生霊を飛ばされると、浮遊霊が引き寄せられていき、さまざまな障害が起こることが多いです。

これを払うのは、前にも申し上げましたが、密教系の寺院で「護摩を焚く」ことです。関東でしたら、西新井大師、佐野厄除け大師、川崎大師などで、難を避ける護摩を焚いていただくといいですよ。きっと切り替わるはず。

よい気分で結婚の日を迎えることを祈っていますよ!

武将好きになったことが原因かと思いきや……

賢人のまとめ

不幸が連続して怒るのは、生きている人間の「嫉妬心」によることが多いです。

1 2

賢人プロフィール

開運の賢人流光七奈

りゅうこう・なな……視える占い師。幼少より様々な相談を受け、潜在意識レベルの癒しと解決策を提供してきた。近年は、この特殊能力と経験をロジカルに可視化し、心理オントロジストとして個人鑑定の枠を超え、占い師や経営者のコンサルティングも行なう。自身も実業家であるため、経営者や政治家からの相談も多い。雑誌の占いコーナーをはじめ、数多くのメディアで活躍、大手占いアプリ(LINE占い・Yahoo! 占い・ameba占い) では人気ランキング1位の三冠女王に。著書に『ダンナさまは幽霊』シリーズ(イースト・プレス)、『厄除け・開運・パワースポット ニッポンの神社2019‐2020』(主婦の友社)、『裏ホロスコープ占星術』(実業の日本社)など。株式会社ラウレア代表。公式HPはhttps://nana-healing.com/