占い 脱汚部屋! 夏休みに自宅をパワースポット化したい【開運のコツ】今回の相談者は、津島花恵さん(仮名・32歳・IT関連会社勤務)

部屋が散らかっていて不快だと思いながらも、きれいにならないジレンマ、私はとてもよくわかります。

よく「キレイですっきりした部屋のミニマリスト」が開運的にもいいとされていますが、全ての人に当てはまるわけではありません。

私の知っている方は、あるとき、「モノがないほうが開運する」と決意し、ほとんどの所有物を処分してしまったのです。しかし、その後、メンタルの不安から体調を崩し、何年も不調を抱えていた方がいました。

この方は、好きなものに囲まれていた方が、運が良くなるタイプだったのです。そのことをお伝えすると、以前と同じようにお気に入りに囲まれた部屋に戻しました。その後は、仕事も体調もばっちりいい感じになっているのです。

モノにも波動があり、好きなものはよいエネルギーをくれるのです。さて、あなたはいかがでしょうか。

自宅をパワースポットにするコツは、「楽しい家」にすることです。この空間にいて、落ち着く、楽しいと思えることが大切です。とはいえ、過度に汚れたり、悪臭があったりすると、快適ではありませんよね。

あなたの家の玄関にはお米が積まれているといいますが、それを見て「どうにかしないとな」と思うなら、召し上がったり、それができないようでしたら人に差し上げたりするとよいのではないでしょうか。

人間はどんなに悪い環境でも、慣れてしまうようなところがあります。まず、あなたが「どのような部屋で生活したいか」を考えてから、部屋の整理に取り組まれるといいと思いますよ。

それとは別にアドバイスをするなら、棚の上など限られたスペースを、自分の好きなもので飾ること。見ているだけで幸せになるアートを置いたり、「これを買ってよかった」と思うものを集めたりするといいですよ。

あとは、肌に触れるものを快適にすることも大切です。心地よいタオルやシーツ、下着を揃えると、きっといい変化があるはずです。

汚部屋を脱したいと考える人は増えているが、単にスッキリさせればいいものではないという。

賢人のまとめ

スッキリさせることよりも、部屋をお気に入りで満たすことが大切。棚の上などに、見ていて幸せになるモノを置くこともいいですね。

1 2

賢人プロフィール

開運の賢人流光七奈

りゅうこう・なな……視える占い師。幼少より様々な相談を受け、潜在意識レベルの癒しと解決策を提供してきた。近年は、この特殊能力と経験をロジカルに可視化し、心理オントロジストとして個人鑑定の枠を超え、占い師や経営者のコンサルティングも行なう。自身も実業家であるため、経営者や政治家からの相談も多い。雑誌の占いコーナーをはじめ、数多くのメディアで活躍、大手占いアプリ(LINE占い・Yahoo! 占い・ameba占い) では人気ランキング1位の三冠女王に。著書に『ダンナさまは幽霊』シリーズ(イースト・プレス)、『厄除け・開運・パワースポット ニッポンの神社2019‐2020』(主婦の友社)、『裏ホロスコープ占星術』(実業の日本社)など。株式会社ラウレア代表。公式HPはhttps://nana-healing.com/