占い 【4月の漂い方】山羊座は金運◎、水瓶座は解脱の心で。魚座はイメチェン、射手座は耳力を生かすと吉(射手座・山羊座・水瓶座・魚座編)

4月になりました。年度の始まりで、本来ならワクワクしたり、希望に満ち溢れている時期ですよね。でも、今年はそういう気持ちになれないという人のほうが多いかもしれません。どんよりしていたら、ますます負のスパイラルに陥ってしまうので、「ここはいっちょ、ガーっとモチベーションを上げて、ウェーイ系にスイッチ!」という発想も悪くはありません。それが普通にできる人なら大丈夫です。

でも、本当の気持ちを心の風呂敷に包みこんで元気を装っていても、結局自分が辛くなってしまうだけなんですよね。できるだけ自分の心を苦しめないように、頑張りすぎないように気を付ける、というのも生きるうえでは大切なことなんじゃないかと思います。たとえて言うなら、海流に抗わず、たまに流されたりもするくらげのように。ということで、くらげ占いでは、それぞれの星座の運勢とともに、くらげ的漂い方をお届けします。

射手座のラッキーは「耳」からやって来る

射手座(11月22日~12月21日生まれ)

これまでの物事に執着せず、軽やかに過ごすとよいひらめきがある運気です。新年度である4月を区切りにして、自分が枷にしていたことや、肩にずっと担いでいたものを、いったん取っ払ったり、降ろしたりしてみてください。「え、でも、まだまだやり残したことがあるし、ムリ」と思うかもしれません。でも実は、それらの「持っていていい時期」は終わっているんです。持っている必要がないものですから、「消費期限が切れた」と思って潔く捨ててしまってくだださい。

そして、自分がやりたい、新しいことを探してみてください。もちろん具体的にあるのであれば、それをやってもいいんですよ。

何もないなぁと思ったら、キーワードは「耳」です。今月の射手座さんのラッキーは「耳」からやってくるようなんです。たとえば、ラジオや音楽を聴いているときに、いきなりインスピレーションが沸いたりしそうです。できるだけ自分の「耳」を信じてみてください。目ではなく、耳から入ってくる情報に気持ちを研ぎ澄ませてみると、いいことがおこりそうですよ。先人の経験や教えを知ることで、さらに思考が深められるようなので、自分よりうんと年上の女性作家の講演などの動画を「聴く」のもよいかもしれません。

また、「不思議」と感じられる運を引き寄せる時期でもあります。たとえば「ケーキが食べたいなと思ったら、ケーキが差し入れられた」などが起こるかも。

山羊座は神頼みが効くとき!やってみるべし

山羊座(12月22日~1月19日生まれ)

連日、経済の落ち込みがひどい、というニュースが続いていますが、実は運気で見ると4月は金運が上昇するタイミングなんです。特に山羊座さんは金運をキャッチしやすくなっていますから、これを逃す手はありませんね。

すごくスピリチュアルなことを言うので引かれちゃうかもしれませんが、4月の山羊座さんは、「たくさんお金が入りますように」といった神頼みが本当に効く時期なんです。このとき、より具体的にイメージすることが重要なポイントです。たとえば、1万円札が山のように自分に押し寄せてくるとか、通帳の貯金残高が1000万円増えるとか。そして、そのことで幸せになっている自分を強く思い描くんです。騙されたと思って、やってみてください。それで現実になればラッキーだし、もし叶わなかったら……具体的なイメージが足りなかったと思ってもらえればと思います。

また、自分に実力がついていると感じることが増える時期でもあります。その気持ちは隠す必要はなく、出せば出すほど周囲に認められていきます。謙遜などせずに、ガンガンと「仕事しています」「仕事できます」アピールをしていってください。仕事がまわることで収入が増える、というのも金運です。

1 2