占い 【6月の漂い方】天秤座は振り返り、蠍座はプチイメチェンがラッキー。乙女座・獅子座は癒しに時間を(獅子座、乙女座、天秤座、蠍座編)

6月になりました。星占い的に太陽が双子座にいる6月は、双子座がもつ社交の運気が強くなります。また、水星と金星も双子座に滞在。水星はコミュニケーションを司り、金星はポジティブな行動力を発揮する運気をもちます。この、軽やかで明るい流れに乗れれば、ゆる~く心地よく漂っていけそうです。それでは、それぞれの星座について詳しくみていきましょうね。

獅子座は心のステイホームを

獅子座(7月23日~8月22日生まれ)

前進や成長に自分の安心を見出す獅子座さんにとって、外出自粛が続いていた世の中の流れは、それだけでストレスになってしまっていました。もちろん、今も即、解放!というわけにはいきませんし、運気がよかろうかそうでなかろうが、ずっともやもやとした心のしこりを持て余しているっていう状況でしたよね。今月はそんな自分を癒し、休めるという気持ちで過ごすしてみてください。

獅子座さんは、常にイケイケなところがありますし、ここ1か月、幸運な波動に包まれていました。にもかかわらず、世の中的な事情で、自分ではアクセルを踏んでいたのに前に進みにくいって感じでしたよね。正しく行動していたという自負があるのに、ヒステリー集団に非難されたり否定されたりなんてこともあったかもしれません。そのせいで、気持ち的に消耗している可能性が高いんです。非常事態は人の心を歪めます。そういった人たちと真っ向から向き合っても、摩耗してしまうだけ。相手を変えることはできないのです。そこに感情を向けたところで時間のムダ、幸せはありません。マッサージをしたり、お風呂にゆっくりつかるなど、自分をいたわる時間にあててください。そして、英気を養ってほしいのです。「のんびり」なアクティビティでボーッしているなかでも、「これから私はこういうことがしたい。なぜなら……」と考えるのが獅子座さん。それでいいんです。ものごとを理論立てて整理していくという作業は、来月以降の運気にいい影響をもたらしてくれますよ。

乙女座は良運の仕込み時期

乙女座(8月23日~9月22日生まれ)

今月は良運を生み出すための種まきのような期間だと考えて、過ごしてみてください。「クールダウン」「カームダウン」「落ち着いていこう!」といった言葉を心の中に留めておいて、生活のあらゆる行動、人に対する言葉遣いなど、ゆ~っくり、ゆ~っくりとしたペースを維持していきましょう。焦らない、イラつかない、怒らないが運気を維持する3大ポイントとなります。

あと、乙女座さんはもともと現場の空気を読む力がとても強いのですが、今月はその力が冴えわたります。ちょっとした人間関係の温度差、その場の気の流れの変化などを敏感に察知できるんです。そして今月は、それをひたすら自分のために使っていきましょう。同僚や友人と会ったときに、相手の調子がよさそうだったら「いい感じに好調だね」などとそのまま言葉にして伝えるとかっていうのも、そのひとつです。プラスのことは言葉にして、マイナスのことは黙ってケアする……その行動が、やがて乙女座さんにプラスのパワーを持って必ず戻ってくるでしょう。

1 2