占い 【6月の漂い方】牡羊座・蟹座・双子座は「攻め」、牡牛座・蟹座は「守り」の姿勢が運気上昇のカギ(牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座編)

6月になりました。星占い的に太陽が双子座にいる6月は、双子座がもつ社交の運気が強くなります。また、水星と金星も双子座に滞在。水星はコミュニケーションを司り、金星はポジティブな行動力を発揮する運気をもちます。この、軽やかで明るい流れに乗れれば、ゆる~く心地よく漂っていけそうです。それでは、それぞれの星座について詳しくみていきましょうね。

牡羊座は攻めの姿勢で

牡羊座(3月21日~4月19日生まれ)

アンテナの感度が正しく高まっています。欲しいと思ったもの、やってみたいと思ったこと。欲望の感情が芽生えたら、赴くままに攻めの姿勢で貫いてみてください。自分に素直になればなるほど、自分が気持ちいい結果が得られますよ。コツコツと積み重ねていくのではなく、ぴょーんと飛躍するというイメージをもって、単純で、結果が早く得られるものをたくさん見つけるといいですよ。

とくに金運と人間関係運が強くなっています。牡羊座さんはピュアなエネルギーに満ち、もともと行動力があるタイプ。その長所と向き合って、「自分のよい部分を世間に換金する」というような気持で過ごすと、ラッキーなことがどんどん舞い込んできます。あと、「ほめられて伸びる」という性格でもあります。人から構われるのは嫌いなくせに放置されるとしょんぼりしちゃうという、ちょっと厄介な感情を自分で持て余すこともあるんですが、それもまた牡羊座さんの魅力なのです。そんな性格を理解してくれている友達や家族と語り合ったりすると、自信が増幅して、さらに前進できるようになります。そのときは、相手もポジティブ思考な人を選んでくださいね。

牡牛座は全力で逃げちゃえ

牡牛座(4月20日~5月20日生まれ)

ちょっと強い言葉になりますが、「余計なものは切り捨てろ!」という星からの強いメッセージが出ていることをお伝えしなくてはいけません。牡牛座さんはマイペース。だから、人からやたらと心配されると、それがたとえ必要なことでも、好意だとわかっていても、イラっとしてしまうところがあります。自分が支配されていると感じてしまうんですよね。今月は、その気持ちが強くなっていくかもしれません。そういうときは、全力で距離をとっちゃってください。

今週は忖度をせずに、後ろを振り返らず、自分の思った方向に進んでいきましょう。それが無用な戦いを収めることにもなり、結果、相手を傷つけずにもすむのです。一方、今月の牡牛座さんは飛躍したい、面白いことをガンガンやりたいという意欲に沸いています。「自由な気持ちを阻んでくる人から全力で逃げる」という意味でも、本当は旅行をしたりして非日常を味わってほしいところなんですが、まだまだ外出控えめの時期ですから、ビジネス書や実用書など、自分が成長した!という手ごたえが得られる本を読むなどしてみるのはどうでしょう。「実利優先が吉」というメッセージも出ているので、よさそうですよ。また、友達や家族の気になるところも、ビシバシ指摘すると、よりよい関係になるという暗示があります。もし、まだ自粛が長引いていて時間がある、ということであれば、過去にお世話になった人に御礼の手紙を書いてみてください。新しいすてきな関係が生まれそうです。

1 2