占い 【7月の漂い方】蠍座・乙女座はラッキー月。獅子座と天秤座は「そぎ落としの月」にすれば運気上昇(獅子座、乙女座、天秤座、蠍座編)

くらげが海中を漂うように、ふわりふわりと生きていくために役立つ星からのメッセージを届けるくらげ占い。7月は逆行していた水星が7月12日に正常軌道になることが、全体の運気に大きく影響します。水星はコミュニケーションを司る星。それが逆行から復活するときには、コミュニケーションの障害が発生しやすくなるのです。

また、情熱や意欲を司る火星が牡羊座に入り、それが2020年後半の運気に強く影響します。やる気が大いに高まる時期であるとともに、ピリピリしたムードや必要以上に熱くなりやすい状況が生まれてしまうことも。新しいチャレンジをするときには、情熱だけで突っ走らず、冷静さを心がけて。

獅子座は慎重に、人との距離も広げて

獅子座(7月23日~8月22日生まれ)

今月の獅子座さんは、「うっかり」に気を付けてください。例えば、鍵をかけ忘れて家から出てしまったり、スマホを駅のトイレに置き忘れたり。別に、これらの小さいミスで、泥棒に入られたり、個人情報を盗まれたりといったおおごとになるわけではないんです。

ただ、「私ってこういうところあるんだよね……」みたいな気持ちに陥りやすいんですよね。大したことではないんだけど、獅子座さんの心には大きなダメージを残してしまうんです。そして、その落ちた気持ちをリカバーするまでに、たくさんのエネルギーを取られてしまう可能性が高い。「ちゃんとしたい」という思いを常にもっている獅子座さんですが、忙しすぎたり、もともとの性格だったりで、天然ぽさが出るんですよね。女王風に見られがちな獅子座さんにとって、それはギャップ的な魅力にもなっているもの。でも、今月はいつも以上にガラスのハートになっているので、行動は慎重に。

対人運は良好で、さまざまなよき出会いがありそうです。でも好事魔多し!運気がいいときほど、邪魔が入りやすいという状況になりそうなんです。例えば、頼りがいがある獅子座さんに、べったりと依存してくるような人がやってくるかもしれない。獅子座さんは親分肌だから、ついつい懐に入れたくなってしまうけれど、ここは心を鬼にして、「話は聞くけれど、ふたりで食事は行かない」などのきっちりとした線引きをしていきましょう。恋愛運も、ダメ男を引き付けてしまう運気ですから、今月は動かないほうがよいかもしれません。

新しい出会いだけでなく、これまでの人間関係も意識的に深く立ち入らないようにしてみてください。人間関係でイライラすることがあると、注意力が散漫になって、「うっかり」も増えてしまいます。

乙女座は先月の仕込みが花開く

乙女座(8月23日~9月22日生まれ)

今月の乙女座さんは、たくさんの幸運に守ってもらえる星の配置になっています。でもそれは、よいことがたくさん舞い込んでくる「足し算型」ではなく、不要なモノがたくさん身の周りからいなくなる「引き算型」として現れそうです。例えば長く精神的な負担になっていた人間関係が、スパッと清算されるとか。

そもそも乙女座さんの場合、災難は人からやってくることが多んですよね。今月、人が自分の周りからいなくなるという状況に、寂しさを感じるかもしれません。でもそれは、乙女座さんにとって厄をもたらす人だったと考えて、気にしないで欲しいんです。結果的によい状況が作られているんだと思うようにしてみてください。

恋愛運は、おしゃれをするとアップする暗示です。美しいものを見ること、作ることによって、モチベーションが上がっていきます。外出する機会が減っていた時期、メイクする意欲もなくなっていたという人も多いかもしれません。今月は、ちょっと少人数で人と会う予定をつくってみてください。そして、自分のために自分を美しくしてください。また、自宅を居心地がいい空間に美しく整ることもラッキーアクションです。

1 2