占い 【7月の漂い方】射手座・魚座は慎重な行動を。山羊座は自分優先、水瓶座は捨て活を心がけるといい波に乗れる(射手座・山羊座・水瓶座・魚座編)

くらげが海中を漂うように、ふわりふわりと生きていくために役立つ星からのメッセージを届けるくらげ占い。7月は逆行していた水星が7月12日に正常軌道になることが、全体の運気に大きく影響します。水星はコミュニケーションを司る星。それが逆行から復活するときには、コミュニケーションの障害が発生しやすくなるのです。

また、情熱や意欲を司る火星が牡羊座に入り、それが2020年後半の運気に強く影響します。やる気が大いに高まる時期であるとともに、ピリピリしたムードや必要以上に熱くなりやすい状況が生まれてしまうことも。新しいチャレンジをするときには、情熱だけで突っ走らず、冷静さを心がけて。

射手座は焦りは禁物。深呼吸して

射手座(11月22日~12月21日生まれ)

今月は変化の時。職場環境が変わったり、新しいプロジェクトに参加することになったり、一緒に組むメンバーが入れ替えになったりと、自分の人生が変わったと自覚できるわかりやすい状況になりそうです。

変化が起こったとき、射手座さんが感じるのは自分自身の成長です。人間的に落ち着いたり、懐が広くなったと感じたりして、内面の充実が得られそう。というのも、射手座さんはどんなことも自分の成長要素に変えて、ぐんぐん成長していくようなところがあるからなんです。ただし、恋愛は別。というよりも、変化させないことがよい運気を濁らさないコツです。恋人がいる人は、今の関係を維持することに注力してください。いない人はステイで。新しい出会いを求める行動に出たり、告白された人とお付き合いしたり、といったことは来月以降にとっておいてください。

それは、射手座さんには気持ちが満ち足りてくると、どんどん新しいことにチャレンジしたくなるクセがあるから。もちろん、それはいいことでもあるんです。でも、いきなり猛ダッシュしてしまうところがあって、つまづいて転んでしまうってことも多いんです。そこでいい運が切れてしまうのは、もったいないと思いませんか?「よし、行こう!」「やっちゃおう!」と思ったら、とりあえず深呼吸をしてみてください。今月は、運気そのものが変化していくので、自分から行動を起こさなくてもいいんだって言い聞かせてみてください。

運気がいいという点でいうと、金運も着実に上がっています。こまごまと買い物するより、家電などの大きな買い物をしてお金を動かすと、さらなる金運を呼び込めます。もし、給付金の10万円の使い道がまだきまっていないなら、貯金や生活費に回すより、10万円のものを買ったほうがいいですよ。

山羊座は「自分最優先」で過ごすべし

山羊座(12月22日~1月19日生まれ)

「自分のための人生を生きなさい」という運気です。山羊座さんはもともと気配りの人で、人に愛を与えてしまいがち。今年の上半期は、人に尽くしすぎて疲れてしまったという感じだったと思います。なぜなら、山羊座さんの優しさに調子に乗る人が多かったから。そのせいで、本来、見返りを求めない愛をふりまける山羊座さんも、なんだかイライラ、ムカムカ……。そして、そんなふうになってしまう自分もちょっとイヤという悪循環ができてしまっていました。

これを断ち切るためにも、今月から始まる下半期は「自分を愛し、自分のために生きる」と決め、自分中心で過ごしてみてください。山羊座さんが、これで限界!ってほどまで自己中心的に過ごしたところで、一般から見たら、謙虚で気配りしている人と感じられるくらいのもの。だから心配せず、大いにワガママになってください。ワガママになるんだ!という意識を切り替えるだけでも、よいことがありそう。

また、山羊座さんはどちらかというと、相手に合わせて「待つ」ようなところがあるんですよね。でも、今月は自分の決断で行動してみてください。そうすると、さらに運がよくります。これは恋愛も同じ。受け身より、攻めに転じるような意思の伝え方をするといいでしょう。それってどういう伝え方?という迷いがあったり、恋愛以外でも、なにか悩みができたときには、偉人の名言を参考に。コンサバな山羊座さんの気持ちにフィットする言葉が見つかるはずです。今月は知人や友達などに相談すると、傷つく可能性が高いので要注意。人間関係の運があまりよくないのです。なので、恋愛でも、ダメ男や既婚者からのアプローチがありそう。遊ばれたくないと思うなら、誘いに簡単に応じないように。

1 2