占い 【8月の漂い方】牡羊座と牡牛座は好きに動いてハッピー、蟹座と双子座は現状維持で(牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座編)

くらげが海中を漂うように、ふわりふわりと生きていくために役立つ星からのメッセージを届けるくらげ占い。8月は太陽が獅子座に入って、全体のエネルギーが「前へ!前へ!」と進んでいきます。

また、男性性の象徴である牡羊座に、これまた男性性を司る火星がいます。そのため、いわゆる男性的といわれる理論性、結果重視という部分を意識して目標に向かうといい時期です。とはいえボーッと過ごしていても、前に進んでいくので、運がいい人は行きたい目的地に知らないうちに近づいているということも。

ただ、運が悪い人は、思いもよらなかった場所に漂着している可能性が。大きな力で助けてくれる人が来るように、目的地を設定して生活をしていきましょう。8月8日から“ライオンズゲート”が開きます。ライオンズゲートとは、簡単に言うと、「1年に1度だけ開く、めちゃくちゃパワーを得られるチャンスの扉」。8月8日以降1週間はポジティブな気持ちで、もし、悪い変化が起こっても、いいように解釈していきましょう。

牡羊座は行動力がある人ほど運をつかむ

牡羊座(3月21日~4月19日生まれ)

火星の応援を受けており、行動力、集中力を発揮した人からよい運を捕まえていける運気です。自分自身としても、さまざまなことにやる気がでる時期だと思います。ちょっとでも自分のアンテナに響いたことがあったら、ぜひとも本能の赴くままに動いてみてください。

そして、そのときには、とことん集中することです。もしかしたら、あれもこれもと気になることがでてくるかもしれません。そういうときにも、ひとつひとつ、ちゃんと向き合って、自分で「よし、これで満足した」っていうところまで気持ちをもっていってください。短時間、短期間でできるものからやっつけていくといいですよ。そうすると、すべてがうまくいって、なんだか調子がいい!っていう自分を感じられるはずですよ。

あと、もともと牡羊座さんは冷静で、人に対して寛大。あまり、怒ったりしない人が多いんですけど、今月はさらにその感覚が大きくなります。もう、いうなれば仏、もしくは菩薩の域に到達するといってもいいでしょう。こういう時期には、後輩などに仕事を教えてあげたり、ちょっとコロナなどで疎遠になってしまっている家族に大切なことを伝えたりするのにピッタリです。ただ、だからといって、付き合うと自分にマイナスになるな、と思う人と無理に近づくのはやめてくださいね。そこは、しっかりと線引きしてください。

夏といえば恋の季節!ではありますが、牡羊座さんは恋愛運よりも、仕事運が良いです。恋愛については、現状維持を心がけて。アバンチュールなことに期待はしないほうがいいかもしれません。

牡牛座はお金やモノに恵まれる暗示

牡牛座(4月20日~5月20日生まれ)

お誕生月ではありませんが、人から思いがけないプレゼントをいただいたり、資産を増やすマネープランの提案があったり、宝くじ的なものが当たったりと、お金や物質の巡りがよくなって、それが今後の「富」につながっていく運気の流れにいます。

その運気の流れにふわっと上手に乗るために、手放してほしいのが執着心。「これは私のモノ」「これは私のお金」など、執着すればするほど、運を取り逃がしてしまいそうです。もともと牡牛座さんは捨てるのが苦手で、一度手に入れたものは、今はいらなくても「いつか使うかも」「あとで捨てなきゃよかったって思うのはイヤだ」って思って、ついつい手元に置いておきたいタイプなんです。

でも、たいがいは一生いらないし、「いつか使う」時期がきたら、別のもっと性能がいい新しいものがあったりするから、進化を阻んでしまったりってことのほうが多いんです。もし、捨ててしまってちょっとだけ後悔しても、それは本当に「ちょっとだけ」で、自分を責めるほど苦しくはならないから、勇気をもってポイってしてみてください。まずは、毎回着るときに毛玉を取らないといけない服を捨ててみましょう。

恋愛運は期待してください。これも、過去と決別するような気持ちで、新たな恋の開拓をするといいですよ。牡牛座さんの場合、パワースポットなどに行ってコツコツと恋愛運を高めるよりも、もうズバリ、積極的に出会いの場に飛び込んだほうが良縁に恵まれます。具体的な行動にでれば、勝負ごとの星である火星の応援を受けて、運がどんどん拡大していきますよ。

1 2