占い 【9月の漂い方】牡羊座は捨て活、牡牛座は現状維持、双子座はのんびりが吉。蟹座は波乱の渦から逃げて(牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座編)

くらげが海中を漂うように、ふわりふわりと生きていくために役立つ星からのメッセージを届けるくらげ占い。

今月のキーワードとなる星は火星。火星は行動力、集中力など司る星ですが、これが9月10日から「逆行」に入ります。これは、空を見上げたときに東から西へ動いて見える状態。火星(と金星)が逆行になることは珍しく、そのため強いパワーが発生するとされているんです。行動力、集中力の強いパワーが逆にはたらくということ。だから、やる気がなくなったりイライラしたり。それが原因でケンカが増えてしまうなど、幸せな日常の邪魔が入りやすくなるんです。火星の逆行は11月14日まで。この期間は、なるべく自分を甘やかしてみてください。そして、何かうまくいかないことがあったら、「まぁ、火星が逆行しているからしょうがないな」って火星のせいにしちゃいましょう。

牡羊座はどんどん仕分けて捨てちゃって~

牡羊座(3月21日~4月19日生まれ)

今月は、これからの人生を自分らしく、そして気分よく生きるための仕込みの時期にするといいですよ。いらないものをどんどん捨てていきましょう。

まずは、今、現在の自分を取り巻く環境を、シビアな目で冷静に把握してみてください。そして心の中に「これからも続けたいこと」と「やめたいこと」の箱をつくって、全部を仕分けてみてください。

慎重な牡羊座さんは、そんなこと言ったって、今手放したら後悔しちゃうかも……と思って途方にくれてしまうかもしれないですよね。そういうときには、仕分けの判断を「それをして楽しいか、楽しくないか」にしてみてください。

そして、ちょっと勇気がいるかもしれませんが、その「やめたい」という箱にはいった事柄を、今月中にスッパリやめてみてください。さらに、「これからも続けたい」というほうに残したものと、集中的に向き合ってみてください。冒頭で、火星が逆行しているという話をしましたが、この時期は、そもそも集中力が散漫になりがちなのです。だからこそ、本当に大切なものにだけ注目してほしいんです。今月のうちに身軽になって、好きなものにだけ囲まれている人生をつくることができれば、この先の未来のレベルは確実に上がります。

今月の牡羊座さんはコミュニケーション運がいいので、人間関係の「捨て活」にも適しています。別れ話や離婚などを考えているなら、このタイミングを逃さないほうがいいかも。また、出会い運もあります。まだまだ気分よく外出や外食ができるような気持ちになれないかもですが、誘われた飲み会などに、ステキな恋やおもしろい仕事のきっかけになるできごとがありそうですよ。

牡牛座は出会いを求めないほうが吉

牡牛座(4月20日~5月20日生まれ)

牡牛座さんは、もともと現状維持思考が強いところがあるんです。もともと、ものごとに動じないところがあって、たとえば普通の人だったらイヤだなぁとか、それはないでしょう!と思うようなことがあっても、たいていのことは気にせず、どっしりと構えていられるタイプ。

それが牡牛座さんの魅力のひとつではあるのですが、今月は、ちょっとだけ自分の意思で動いたほうがいいです。本当は、実際に動き出すのはもっと先でいいのですが、牡牛座さんはちょっとスローモーなところがあるので、人よりちょっと早めにスタートを切っておくのがちょうどいいんです。

まず、自分のこれからの人生の目指すべきところはどのへんにあるのか、ざっくりとした方向性を決めてみてください。そして、とりあえず「そっち側」に歩いていくんです。牡牛座さんはふわっとしたところもあって、猪突猛進って感じではないですよね。そして、別の何か気になるものがあると、そっちに気持ちがいってしまうんです。不要なものが視界に入るとせっかくのいいエネルギーも削がれてしまうので、生活もそぎ落としていってほしいんです。先延ばしにしている不用品の処分などがあるなら、9月中にやっつけちゃいましょう。

また、今月は“自分を見つめなおす”のに向いています。たとえば休日のどれか1日を、ネットやテレビを一切見ない、完全に情報断ちデーにしてみるとか、すごくいいと思います。外部からの情報がないことで、自分の内面の発見がしやすくなりますよ。恋愛運は可もなく不可もなくといったところ。新規開拓すると不倫や恋人がいる人など、ジョーカーを引きやすい暗示なので、現状維持を最優先に。

1 2