占い 【9月の漂い方】獅子座と乙女座は強気に、天秤座と蠍座はおしゃれが強運のキーワード(獅子座、乙女座、天秤座、蠍座編)

くらげが海中を漂うように、ふわりふわりと生きていくために役立つ星からのメッセージを届けるくらげ占い。

今月のキーワードとなる星は火星。火星は行動力、集中力など司る星ですが、これが9月10日から「逆行」に入ります。これは、空を見上げたときに東から西へ動いて見える状態。火星(と金星)が逆行になることは珍しく、そのため強いパワーが発生するとされているんです。行動力、集中力の強いパワーが逆にはたらくということ。だから、やる気がなくなったりイライラしたり。それが原因でケンカが増えてしまうなど、幸せな日常に邪魔が入りやすくなるんです。火星の逆行は11月14日まで。この期間は、なるべく自分を甘やかしてみてください。そして、何かうまくいかないことがあったら、「まぁ、火星が逆行しているからしょうがないな」って火星のせいにしちゃいましょう。

獅子座は強気に漂って

獅子座(7月23日~8月22日生まれ)

先月の好調の運気はまだまだ続行、今月も良好な運。強気に漂っていきましょう。それから、強運の時期ならではのこととして、「サッと見て確認したことで難を逃れる」ってことが頻繁に起こりそうです。例えば、書類のミスを提出直前に気が付いたり、運転中スピードダウンしたときに、子どもが路地から飛び出してきたりなど……ヒヤリとはするけれど、気づけたことで「助かった!」という感じ。

でも、だからOKということはないので、「うわ~ヤバかった!」なんてドキドキしないためにも、行動には1秒の余裕をもって。運がいいときの獅子座さんは、つい“自分、今イケるかも”とガンガン前進しがち。それができるのが獅子座さんのいいところではあるんですが、ちょっとだけ冷静な気持ちも忘れないでほしいんです。今月は「1秒の余裕をもつことでラッキーが舞い込んでくる」としっかり心にメモをしておいてください。

もうひとつ、「他者からの評価を求めない」ってことも心にメモしてください。評価を求めるあまり、暴走してしまったり、違う方向へ向かってしまう暗示があります。「私は一番」だと思って過ごしていれば、ラッキーが向こうからやってきます。自分を信じていきましょう。

恋愛運は好調です。後輩、部下など目下の人と縁が結ばれやすくなっていますが、調子に乗りすぎはパワハラ、モラハラと受け取られかねないので、そこは慎重に進めてください。

乙女座はこだわりをこだわりぬいて

乙女座(8月23日~9月22日生まれ)

「譲れないことに真摯に向き合うと、縁も仕事も引き寄せる」という運気です。

こだわり屋さんの乙女座さんには、「絶対これだけは譲れない」ということがいくつかありますよね。たとえばメイクや掃除のしかた、あるいは食事やバスタイムの習慣など。たくさんある!っていう人も多いんですけど、そのなかで、いちばん絶対に大切!って思うことを、よりていねいに時間をかけてやってみてください。そうすると、よい発想が得られる暗示です。

また、自分自身が心地いいと、周囲の人も心地よくなります。それがよい運気をさらに生み出すします。ちょっと言葉は悪いですが、モノゴトを考えるときに「損得勘定」してみてください。乙女座さんは周囲の人に対して自己犠牲的な行動をしがちなんですが、今月は、他人に何かを施すといったことはしないほうが自分のためになります。相手を甘やかすような行為は、良い運を生み出しません。パートナーに対しても、自分に得にならないと思ったらきっぱりとNOを出しましょう。それを続けることで、よい運が入ってきます。

恋愛運は可もなく不可もなくといったところ。いい出会いは、もともとの知り合いの中にありそうです。

1 2