占い 【3月の漂い方】獅子座、乙女座はラッキー、天秤座は過去を捨て、蠍座は転機をチャンスに!(獅子座、乙女座、天秤座、蠍座編)

くらげが海中を漂うように、ふわりふわりと生きていくために役立つ星からのメッセージを届けるくらげ占い。今月もゆる~く過ごしていきましょう。

2021年の3月は、星占い的には、2月27日の満月が乙女座に入ったことが大きく影響するとされています。乙女座は「ものごとを整える」という存在。そして、この「満月・乙女座」のシーズンは、生活リズムが整い、人も世界も健康になっていくという運気の流れが生まれます。それをしっかりキャッチするために、なるべく無駄をなくして、「自分が何をすべきか」を考えながら生活を整えていってみてください。

例えば、ものごとに優先順位をつける練習をするとか。

人間の行動には、すぐすべきこと(義務)と、いずれやりたいこと(願望)の2種類がありますが、目の前の義務に追われてしまって、自分の人生を充実させる願望がずーっと先送りになってしまうことがほとんど。それだと、ずっと「つまらない」状況になってしまいますよね。

加えて、「満月・乙女座」の特徴として「慈悲」とか「救い」といったものにも気持ちが入りやすい時期なので(それは世界としてはいいことなのですが)「これは、自分の義務だから、やらなければいけない」という気持ちに引っ張られすぎると、苦しくなってしまいます。ぜひ、時にはサボったり、人に任せたりするコツをつかんで、自分が幸せで楽しくいられるように、自分の欲望に素直になってみてください。「誰かのために働かされている」という感情が沸き上がったら、全力で逃げましょう。

あと、世の中全体が、細かいことが気になりやすくなっています。無駄ないざこざに巻き込まれないように、神経を尖らておいてくださいね。

もうひとつ、3月13日に新月が魚座に入ることにも注目です。ここでいったんリセットをかけると、さらにいい運気に乗れそうです。よくない習慣や負の感情、物質的な「自分の人生に不要だと感じるもの」を持ち越さないようにしてみてください。いろんな意味で「スッキリ」させて、3月20日の春分の日に新たなスタートが切れると、その先もラク~に過ごせそうですよ。

それでは、各星座について、詳しく説明していきましょうね。

獅子座の運気は上々

獅子座(7月23日~8月22日生まれ)

獅子座さんの運気は上々です。もともと獅子座さんは劇場的なところがあり、日々の生活にドラマティックさを求める傾向が高いのですが、その能力を発揮して、自分の人生を楽しく演出できそうです。いろいろ我慢もしてきたでしょうが、そろそろ持ち前の爆発力をスパークさせてみてください。

大人になると、常識も身に着けて、世間とのやりくりも上手になってくるものですが、「他人からどう思われようが我が道を行く強さ」というのは、獅子座さんの持ち味ですし、もっとも発揮すべき魅力です。「自分で決めたことならどんなことでも責任がもてる」そんな気概をもって自由にすごしてください。

ひとつだけ気を付けたいのは、カッとなること。これはいつも主人公である獅子座さんの人生の課題でもあるんですが、とくに目下の人の態度に「何様のつもり?」とカチンとくる傾向があるんですよね。そこを抑え気味に、直接本人にガーっといってしまう、ということはくれぐれも控えてください。怒ったら負け、くらいに思って、自分の感情をやり過ごして。ムカついたり、不愉快になったら、なぜそう思ったかを考えてみて。理由や原因を深堀りしてそれを生かすことで、獅子座さんの人生はますます充実していきます。

恋愛運も、怒りが水を差さなければ盛り上がっていくはず。悔しいとか許せないといった気持ちの刀はいったんサヤに戻してみましょうね。

乙女座は絶好調、次々良いことが起る

乙女座(8月23日~9月22日生まれ)

今月は直近で迎えた満月が乙女座の位置にあるのですが、その良いエネルギーをもっとも受けるのが乙女座さんです。いいことがたくさん起こりますよ。ぜひとも思う存分味わってください。

ただ、乙女座さんはストイックなところがあるので、くらげのお告げで言うところの“よいこと”というのが、必ずしも物質や愛に満たされることではないと思っていることでしょう。

実は、今月、もうひとつのお告げとして「過去の自分が生きる」という暗示があります。つまり、かつて苦しい思いをしたことが、今月の自分の成長や今後の将来につながっていきやすいんです。だから、思い切ってのめり込むというのもアリ。でも、物質的な幸せや向こうから勝手にやってくる愛を受け止めるだけ受け止めて、ストイックになりすぎないように自制するのもよし、です。いずれにしても、乙女座さん自身が感じる「幸福な体験」が、幸せをもたらして魂が健康になっていくんです。

恋愛運は、自分を批判しすぎなければ、安定します。シングルの人はよい出会いがありますし、パートナーがいる人は関係性が落ち着くでしょう。ただ「私ばかりが損をしている」と思ったら、黄信号。好きなことをして、自分の機嫌をとってください。

1 2