占い 【5月の漂い方】牡羊座は人間関係運が良好、牡牛座は付き合う人を選んで。双子座は変化の1か月、蟹座は節約を求めると吉、(牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座編)

くらげが海中を漂うように、ふわりふわりと生きていくために役立つ星からのメッセージを届けるくらげ占い。今月もゆる~く過ごしていきましょう。

5月の運気のポイントは幸運の星といわれる木星が感性を司る星座である魚座に移動すること。これによって、今よりも「その人の思念の力」が強く影響する1か月になります。つまり、「願えば叶う」という力が強くなるということなんです。

だから、いつもは「どうせ無理」「私なんて」と思ってしまいがちな人は、ぜひとも、口癖はもちろん「思考の癖」にも気をつけてみてください。 よくも悪くもイメージしたことが叶いやすい月なので、とにかくポジティブなことを考えて過ごしていきましょう。もし、ネガティブな発想が浮かんだとしても、その瞬間にキュッと潰して、「大丈夫」「きっとうまくいく」「私ならできる」と口に出して言うといいですよ。

そして、5月12日に迎える新月は、牡牛座。心地よい人生のためのパワーに満ちているので「自分を満たす」願いを書いてみてください。例えば快適な家に引っ越す、よい副業を見つけるなど。「~したい」と書くよりも、決定事項として書くのがポイントです。

また、これからやりたいことも具体的にイメージしてみてください。「〇〇年〇月までに〇〇〇をします」と星に約束するつもりで。

それから、他人の言動が気になってしまうというタイプの人は、 心のシャッターを閉じてしまいましょう。他人に意識を向けると 気が散って自分に向き合えなくなってしまいます。自分に対するストレートな熱意がとても大切な1か月ということを忘れないでください。

それでは、各星座について、詳しく説明していきましょう。

牡羊座は未来志向で生活を

牡羊座(3月21日~4月19日生まれ)

全体的に“気付き”という運気が流れています。よくも悪くも「過去にとらわれてしまう」というところがあるけれど、全力で目を背けて未来志向で生活をしてみてください。世の中全体がダウナーっぽい雰囲気に引きずられがちですが、ひとつひとつの事柄にため息をついて「数年前はこうだったのに……」などと思わないように、気持ちを前に、意識することが大切です。

加えて、今月は、自分の解放をするのによいタイミングです。「これをしなくてはいけない」などのマイルールは見直してみて。特に「他人にも同じことをしてほしいからやる」ということが基準になって行動している人、「人の期待に応えなければいけない」という人は、そういう考えから自分を解放してください。個人としての心地よさ、充足感に満たされていくことだけを考えていい1か月です。

それ以外では、特に人間関係運がよく、仕事上では、過去の知人から興味深いビジネスのお誘いがありそう。また、職場などで意見が合わないと感じることがあったら、 否定的な表現を使わず「うん、それもアリだね。参考までに、私の考え方はどう?」と相手の意見を引き取る姿勢で話してみてみてください。さらにいい関係のスパイラルが生まれます。

恋愛運は、シングルの人は出会いの予感。会社の同僚など身近な人に恋愛感情が芽生えるかも。交際中の人は、安定。自分が本当にしてほしいことを相手に伝えることが大切ですよ。

牡牛座は「類は友を呼ぶ」の運気

牡牛座(4月20日~5月20日生まれ)

連休中含め、ここのところ慌ただしい日々が続いているのではないでしょうか。これは、牡牛座さんの運気の流れがいいため。あちこちから、さまざまなことが牡牛座さんのところにやってきてしまうのです。

こういうときほど、取捨選択が必要です。人から頼られることも増えると思うけれど、持ち前の「どんとこい」という姿勢で、なんでもかんでも引き受けてしまうと、牡牛座さんが本当にやりたいことができなくなってしまう可能性があるので、「いったん保留」というスタンスで向き合ってみてください。

取捨選択の基準は、ズバリ「依頼してきた人が信頼できるかどうか」です。頼んでおいて自分の手柄にしようとする人、押し付けて逃げる人、意地が悪い人、思考がスッキリしていない人の依頼はなるべく引き受けないようにしましょう。せっかくの牡牛座さんのいい運気が下がってしまいます。

あと、もうひとつ覚えておいて欲しいのは、この5月に牡牛座さんがもっている人間関係の運は「類は友を呼ぶ」だということ。本人が意地が悪くなっていたり、意地が悪い人と仲良くなってしまったりすると、運気が濁ってしまいます。自分をクリアにするだけでなく、明るくいい人のそばにいるようにしてくださいね。

それから、金運はとてもいいです。投資などを始めるのにもいいチャンスかも。

恋愛運は通常運転という感じ。シングルの人は、気になる人がいたら1度で諦めずに、アプローチを変えて何度かアタックしてみてください。交際中の人は、相手の気になるところをよいところも悪いところも伝えると、関係が安定します。

1 2