占い 【11月のくらげ占い 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座編】牡羊座はとことん「自分本位」に

くらげが海中を漂うように、ふわりふわりと生きていくために役立つ星からのメッセージを届けるくらげ占い。今月もゆる~く過ごしていきましょう。

星の巡りとして、 11月は強いエネルギーをもつ蠍座が司る月。「暴走」ともいうべき、アクセル全開で加速する「運気の波」に溺れないようにすることが、1か月を調子よく過ごせるコツです。自分が求めない方向へ知らないうちに流されてしまわないように、踏ん張る体力をつけましょう。

実は今月は、全体的に見ると、好奇心や欲望を刺激されるような話がじゃんじゃん持ち込まれやすい、華やかでラッキーな時期なんです。でも、考えなしに「チャンス!」と思って“とりあえず ” 手を出してOK、というタイミングというわけではないんですよね。慎重にいきましょう。

そのポイントとなるのが、「今の自分にできることかどうか」です。これは、時間も、能力も、です。「睡眠時間を削ればなんとかなる」「ちょっと借金すれば…」というような無理や、「したことはないけど、もしかしたら自分にも能力が備わっていて、それが開花するかもしれない」という根拠のない自信からの行動は禁物です。可能性を探す「自分探し」ではなく、今の自分ができること、もともと得意なことに集中する、というイメージをもって過ごしてみてください。

恋愛もむやみにテリトリーを広げるのではなく「現状からさらに絞り込んでいく」といったマインドでいきましょう。

あと、蠍座のシーズンにおすすめなのが邪気払いです。邪気は、物事がいい方向に向かうことの手かせ足かせになります。そして、邪気は湿気とホコリに溜まっていくとされているので、のんびり過ごせる天気のいい休日があったら、部屋の掃除をしたり、布団を干したりしてみてください。

また、古い下着やシーツ、タオル類などの新調にもいい時期です。邪気は、古いものにも溜まっていきます。そして、「肌に直接触れるものに邪気が溜まっていると、自らの邪気も暴走しやすい」といわれているんです。例えば、いつもなら、ちょっとイラっとするくらいですむところを激高してしまい、壊さなくていい人間関係が壊れてしまうとか…。そういうのって、めんどくさいですよね。だから、なんかちょっとダウナー気味になったら、新品のリネンを買えてみたり、部屋の掃除をしてみたりすればいい--そんなふうに思っておいてください。 ヘンに自分を責めたり、周囲に感情をまき散らしたりしなくて大丈夫です。

それでは、各星座について、詳しく説明していきましょうね。

牡羊座はとことん「自分本位」に

牡羊座(3月21日~4月19日生まれ)

運気そのものは、とてもいいです。なので、基本的には「現状維持」でいきましょう。ただ、 もし、「今の人間関係がキツイ」というようなことがあったら、それを断ち切っていくのはアリです。 無理やり考え方をねじ曲げて、「自分はこのままで十分幸せなんだ」なんて思わなくていいんです。イヤなものはイヤなんだからしょうがない、くらいの気持ちでいてください。

「断ち切り」のために、引っ越しや転職など、思い切った行動をするのも悪くないタイミングです。そこまで踏ん切りがつかないというときには、ひとり旅をしてみるとか、イヤな人間関係で気持ちが乱されない場所と時間をつくる、というのもおすすめです。

やさしくて、人のためになると思うと、つい頑張っちゃう、ガマンしちゃうという気質は今月は押さえて、 時間も能力も、身勝手なくらい「自分だけのため」に使ってくださいね。

恋愛運、出会い運も上々です。シングルの人は、すぐそばに恋のチャンスがあるかも! パートナーがいる人も、その相手以外に心の恋人のような人物、つまり “推し” ができる可能性が。その存在によって、毎日が輝いて、さらに恋愛がうまくいく、といったステキな変化がありそうです。

金運もいいです。ギャンブル的な遊びや投資ではなく、慎重な資産運用が吉。

牡牛座は「口は災いのもと」と心して

牡牛座(4月20日~5月20日生まれ)

ネットの懸賞に応募したら当せんしたり、思いがけない臨時収入があったりと、お金がらみのラッキーを筆頭に、心が浮き立つ楽しいことや嬉しいことが次々と起こる予感たっぷり。いい運気です。それはとってもいいことなんですが、浮かれていることで、人への気配りが足りなくなりがちに。

牡牛座さんは基本的に平和で楽観主義。性善説派だし、正直。だからこそ、自分も悪気なく、思ったことを相手にズケズケ言ってしまうところがあるんですよね。例えば、「そんなに優秀なのに、まだ役職がつかないんだ。能力が評価されないなんてひどい会社だよね」 とか「なんでそんなに愚痴ばっかりなの? 自分の機嫌が自分で取れないって人としてナシじゃない?」とか。

そういう、本人としては「いつも」のことが、今月はさらに「暴走」しがち。そして、相手をイヤな気持ちにさせてしまうことで、立場が危うくなるなんてこともあり得ます。それを避けるには、できるだけ大切な人と今月は会う機会を減らしてみるのがベスト、なのですが、実際問題ムリという場合には、相手の人生に立ち入るような深い話はしない、関わらない、ということを心に刻んでください。

つい口がすべってしまう飲みの場も、避けたほうが賢明です。楽しいお誘いが多い時期ですが、余計なことを言って後悔で自己嫌悪に陥ったり、相手から嫌われたり、なんてことにならないように気を付けましょう。

恋愛運もいい感じ。ですが、相手にエネルギーを使わないように。つまり、意識を向けないようにする、ということを心がけてみてください。「余計な献身は厳禁」です。

1 2